テーマ:ウルトラマンマックス

10月マイ記事ランキング

またまたやってしまいました月に一度の自己満足。 10月記事ランキング(11/5現在)です。  1位 「ウルトラマンマックス」第15話「第三番惑星の奇跡」 <319>  2位 松中信彦!正念場だぞ!! <281>  3位 すべては、この日のために・・・ <252>  4位 奇跡が起こった!流れが変わった!! <237> …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ウルトラマンマックス」第18話「アカルイセカイ」

幻影宇宙人シャマー星人登場。 いきなりデートしてるカイトとミズキ。 着実に進展していますねえ。いやあ、若い若い。(←大バカ) 見かけは完全にギャグ星人だが、結構えげつない。 人工太陽を日本に照射して夜をなくしてしまった。 「移民局シャマー星人」の名刺を差し出すなど日本人の習慣を研究してる。 街中で馬鹿笑いするわ、屁は…
トラックバック:1
コメント:7

続きを読むread more

「ウルトラマンマックス」第17話「氷の美女」

宇宙古代怪獣エラーガ登場。 南極の氷の中から発見された「ニーナ」に鼻の下を伸ばすコバとショーン。 彼女を追って怪獣エラーガが現れる。 オーストラリア支部の攻撃で姿を消した怪獣が赤道付近に出現。 DASHが出動する。赤道付近には支部がないのか? それとも、もともと日本の守備範囲なのか? 出動前ニーナの冷凍庫(?)に触ったコ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「ウルトラマンマックス」第16話「わたしはだあれ?」

宇宙化猫 タマ・ミケ・クロ登場。もうどうしたらいいんでしょうか? 三池監督のギャグ編。 一言で言うと「ナンセンスギャグマンガを実写でやってみました。」って感じ。 不条理とかそんなくだらんことは置いといて、徹底的にエンタしたのね。 なんらかの電磁波(?)の影響で記憶がなくなっていく人々。 「なにするつもりだったっけ?」 …
トラックバック:6
コメント:1

続きを読むread more

「ウルトラマンマックス」第15話「第三番惑星の奇跡」

マックス第15話は完全生命体イフ登場。 三池崇史氏初メガホンで前評判の高い作品。一言で言うと・・・ 感動した!! 完全生命体イフは攻撃を受ければ受けるほどそれに対抗できる能力を身につける。 この辺は初代マンの変身怪獣ザラガスにも見られるが、単なる攻防戦ではない。 マックスのマクシウムキャ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

「ウルトラマンマックス」第14話「恋するキングジョー」

侵略ロボット・キングジョー(とゼットン星人)登場。 冒頭、空に書かれた「キングジョー」の文字にいきなりぶっ飛んでしまった。 ミズキ「相棒に断りなく休暇だと~?許せんやつじゃ。」 というわけで休暇中のカイト。 夏美の勤める幼稚園で夏美と会うカイト。ヤキモチ焼くミズキ。 しかし、これは特命だった。交通事故もすべてはゼットン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9月マイ記事ランキング

またまたやってきました月に一度の自己満足記事。 9月記事ランキング(10/1現在)です。  1位 ウルトラマンゼノン <442>  2位 「ウルトラマンマックス」第13話「ゼットンの娘」  <179>  3位 ホークス単独1位決定!9連戦終了 <178>  4位 いいモン魅せてもらいました <170>  5位 8時ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ウルトラマンマックス」第13話「ゼットンの娘」

第13話、ついに最強の宇宙恐竜・ゼットン登場! ついでにゼットン星人も登場・・・。 まずはストーリーから。脚本に上原正三氏を起用。金城哲夫氏のリメークに燃える? いえいえ、自らが担当したウルトラQdark fantasyの「小町」的モチーフ。 長澤奈緒ちゃんの忍者姿も様になってるねえ、やっぱり。 なぜゼットン星人に憑依され…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

「ウルトラマンマックス」第12話「超音速の追撃」

超音速怪獣ヘイレン登場 マッハ10で空を飛び、ロックなどある特定の音域を発するものを敵と見なして攻撃する。 デザインは地味なリドリアスみたい。 ロックンロールにのれてないヒジカタ隊長がイタい。 とか言いながらミズキものれてない。 ロックンロールの良さを理解した(つもり)の隊長が結構哀れ。 エリーの食事(充電)シー…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

「ウルトラマンマックス」第11話「バラージの預言」

磁力怪獣アントラー登場。 「バラージ」「青い石」「ノアの神」と旧作の焼き直し的作品。 アントラーのデザインはややスリムになったが、ほぼオリジナルと同じ。 磁力光線はデジタル処理でキレイになった。でも、旧作のアニメ処理も味があったなあ。 アントラーの強さがもう少し描かれてもよかったかなあ。 マクシウムカノンを撃たせなくす…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

「ウルトラマンマックス」第10話「少年DASH」

空間転移怪獣メタシサス登場 サンダーバードでもあった基地内見学。 サンダーバードでは秘密を守るために少年に「夢オチ」だと思わせる作戦をやってたけどね。 マサユキ少年はさしずめ「DASHマニア」ですな。 「怪獣殿下」のようにラストでバッジをもらってたし。 あ、「殿下」がもらったのは通信機か。ハヤタは懲戒免職ものだな。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ウルトラマンゼノン

今月最終週の「ウルトラマンマックス」第13話「ゼットンの娘」で新ウルトラマンが登場する。 その名はゼノン。 マックスに「マックスギャラクシー」を授ける「マン型」のウルトラマンである。 今までのパターン「セブンからマンへ」の逆である。 脚本はご存知上原正三氏である。 この話、ゼットンが登場し操るゼットン星人の円盤が合体し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ウルトラマンマックス」第9話「龍の恋人」

第8話「龍の恋人」 伝説怪龍ナツノメリュウ登場 伝説の龍を封印したほこらを守ろうとする村長とリゾート開発推進派の息子。 村の自然を開発から守るという古くさいコンセプトながら、映像には見るべき所もあった。 死んでしまった少女がカイトの前に現れる。 「龍のほこらを守って。」 カイトに様々な警告を発していたが、カイトはほこら…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「ウルトラマンマックス」第8話「DASH壊滅!?」

甲虫型宇宙怪獣バグダラス登場 なんか触れこみじゃ、『エイリアン』的サスペンス展開ってことだったが、 実際見ると『プレデター』だね。 生体エネルギーを吸い取って成長するらしいが、「吸い取られてフラフラ」程度で実際死んだのはいないようだし、たいしたことなかったような気もするけど・・・。 そんなことでいちいち「壊滅」しとったら…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

「ウルトラマンマックス」第7話「星の破壊者」

宇宙工作員ケサム登場。テーマは「自然と文明の共存」 工作員というのも胡散臭いが、ミズキの「友達になれたかもしれない」「わかりあえたかもしれない」というのもかなりイタイ台詞。国は嫌いだが、個人は好き。みたいな。 ケサムの「星」を救うために「文明」を破壊するのは、よくある設定。 もともと自然と文明は対義語で「人のてが加わってい…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

「ウルトラマンマックス」第6話「爆撃、5秒前!」

「爆撃、1秒前!」では?コスモディーバ発射中止したのは「1秒前」だったぞ! ま、それはともかく。 ピグモンと赤い風船。 ダッシュバード1号を大工道具(一応工具かな)で修理。 これも「昭和」の香りだねえ。 終盤までマックスは登場せず(前回の続き除く)、ドラマで見せようとしてたね。 トミオカ長官やヒジカタ隊長の人間性…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

「ウルトラマンマックス」第5話「出現、怪獣島!」

怪獣島もの+盗掘というどこかで見た話。 ピグモン、まん丸っちこくてカワイイ!!! 声は初代(犬っぽい声)とも2代目(鶏っぽい声)とも違い、ネコっぽくてミーニンみたい。 レッドキングは足が長い造形。動きやすいだろうが重量感に欠ける。 FW版のゴジラやモンスターXのようだ。声は初代と同じ。 全体的に黄色っぽく、ブルマァクの…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

「ウルトラマンマックス」いきなり前・後編・・・。

ウルトラマンマックス第5話・第6話は前・後編らしいね。 レッドキングをはじめ4怪獣が出る豪華版だから1回じゃもったいないって? いやいや、1回の方が贅沢な作りじゃないか。 ま、それはさておき。 ウルトラシリーズにおける前・後編は特別なイベントである。 「ネクサス」は1話完結ではなかったので除外すると、 「ウル…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

次はレッドキング&ピグモンだ

次回のウルトラマンマックスには伝説の怪獣・レッドキングとピグモンが登場する。 レッドキングは今回で何代目なんだか、数えるのが面倒になってきた。 初代は「マン」の「怪獣無法地帯」 2代目は同じく「マン」の「怪彗星ツイフォン」 3代目は「ザ★ウルトラマン」 4代目は「ウルトラマン80」でマージンが魔法で作ったもの。 5代目は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨日の地震で

昨日の地震での被害(?)状況 ◆居住するマンションのエレベーターが止まった。  復旧に3時間かかったため「外出困難者」に。 ◆妻が危うくエレベーターに閉じこめられそうだった。  1階に下りた直後だったので無事だった。  閉じこめられてたらニュースで報道されるところだった。 ◆ビデオテープ・MDディスクが落下。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「かわいい」ミズキ、「かわいそう」スラン星人。

「あたしの方がかわいいわよ」 マックス第4話のミズキ隊員の名言。 スラン星人の化けた偽ミズキにうろたえるカイトを助けたあとに言い放った。 まあ、これについては本人がそう言ってるんだからいいでしょう。 たしかにかわいいし。 本題に入ろう。 スラン星人の造形は、デカレンのアリエナイザーかと思ったぜ。 甲虫っぽいところは…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「ウルトラマンマックス」第4話「無限の侵略者」

高速宇宙人スラン星人登場。 ある雑誌によると「時速170キロの高速で移動し、相手を翻弄する。」そうである。 時速170キロがどれほど速いのだろうか? 横浜ベイスターズのクルーン投手が投げた最高時速が161キロ。 しかもバッターにファウルされている。 ということは動体視力のしっかりした人なら、目の前であっても 時速170キ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ウルトラマンマックス」第3話「勇士の証明」

古代怪鳥レギーラ登場。 過去の怪鳥を遺跡が封印という王道中の王道(よくある話)。 青白く光る眼は凶悪そうだが、古代怪鳥というには違和感有り。 ストーリーはカイトが「マックスになれない」というのが軸になので、 レギーラがどういう存在なのかとかはあんまり関係ないわけね。 鳥怪獣というと、 ウルトラマンの「ヒドラ」、セブン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜウルトラマンは・・・。

ウルトラマンマックス第3話では、 勝手なことをしたカイトがマックスに変身できなくなるらしい。 マックスは第1話で「君ひとりの力ではどうにもならないときそれを使うがいい。」 とマックススパークを与えた。 カイトと一心同体にならなければ地球上で活動できないからだ。 なぜウルトラマンは変身に制限を設けるのか? 結局、人間をあま…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

8000アクセスありがとうございました。

8000アクセス ありがとうございました。 ソフトバンクの15連勝があり、「ウルトラマンマックス」の放映開始があり、 7/7のセンちゃんの誕生日ありとバラエティに富んだ7月上旬です。 7月の記事ランキング(7/20現在)です。次は9000アクセスで。  1位 エリーの意味深な微笑み <125>  2位 ホークス15連勝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伝説の怪獣人気投票結果

ウルトラマンマックスに登場させたい伝説の怪獣人気投票結果が発表された。 1位 ゴモラ 当然と言えば当然だったかも。 第2話の「エレキング」をはじめ、過去のシリーズにおいてすでに、 2代目以降が登場した「バルタン星人」「レッドキング」「ゼットン」「ピグモン」らは既に内定。 となれば、同じように複数シリーズに登場したゴモラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エリーの瞬き

今日も1回だけエリーが瞬きをした。 彼女は何か情報をインプットする時に「瞬き」をするらしい。 今日の情報は「ジェラシーという感情」だった。 感情表現が苦手なエリーはこうやって少しずつ人間の感情をインプットして、 より「人間らしく」なっていくのだろうね。 そう考えると第1話で瞬きを2回したのは、 2つの新しい情報をイン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ウルトラマンマックス」第2話「怪獣を飼う女」

う~ん、ひと言で言うと「ギャグは風化する」だね。 第2話ということで、ダッシュマザー・ダッシュバードの 出撃シーンの詳細な紹介が冒頭であり、BGMと共に盛り上がった。 ちなみにわたし的に盛り上がったのはここだけである。 「ウルトラマン」であった隊員たちの起き抜けギャグシーン。 科特隊ではハヤタ以外だらしない恰好 (パ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新エレキングは4代目?

明日の「ウルトラマンマックス」第2話「怪獣を飼う女」にエレキング登場! 番組開始前から一つの目玉として宣伝されていた、 「昭和の怪獣復活」だが、トップを切って新造形のエレキングが出る。 全体として前屈み、やや短い尻尾、上陸後、黄色がかっていた体色は、 旧エレキング(セブンのだよ)の湖からの出現時のように真っ白。 大きな爪が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギガス(2票)

「ウルトラマンマックス」には、なつかし怪獣もでるそうですが、 小学生の頃(35年ほど前)、 ある雑誌に「好きな怪獣人気投票」というのが載っていて、 最下位は「ギガス(2票)」だった。 全国で2票とはなさけないと子ども心に思ったもんで、 今でも覚えてます(個人的には好きな部類だが・・・)。 個人的? 1位は今でも「ツ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more