「おはよう忍者隊ガッチャマン」(3/7)「総裁X、春の怒りの巻」

総裁がお怒りのようです。

「卒業シーズンだな。」「ですね~。嬉しくもあり寂しくもあり。」
「ニュースとかで見てじーんときたり。」「別れの言葉を聞くとついほっこりしちゃって。」
「ダメだろそれじゃ~!」「はは~っ!」

「世界を征服する原動力はこの世界への怒りだって、何度言ったらわかる!」
「申し訳ございません。」
「この私の最新の怒り、聞きたいか?」「是非お聞かせ下さい。総裁、春の怒りを。」

「告白する女子の隣にくっついてくる出しゃばり女。腹立つ。」
「それは割と定番のあるあるというか、今更感が若干。」

「卒業式で第2ボタンがどうとか増えるだろこの時期。あ~腹立つ。」
「ああ。一応やってみます~?」

「先輩すいません。ほらマユミ、言いなよ。
 先輩この子2年の中沢マユミって言って、先輩に言いたいことがあるらしいんで、
 聞いてもらっていいですか~?ほら、聞いてくれるってマユミ、言いなよ~。
 言いなよホラ。あ、じゃあ、私から言うと~、先輩の第2ボタンが欲しいらしいんです。
 えーっ!もうあげちゃったんですか~?ねえ、もうあげちゃったんだってマユミ。
 え~誰ですか?誰にあげたんですか教えて下さい。じゃないとマユミがカワイソ過ぎます~。
 えー!先輩、5組の桜庭エリと付き合ってんですか~?マジいでぇ~?

 ・・・あ、定番ってやっぱムカツキますね。」

「だろ?ムカツクわぁ、出しゃばる女。」「総裁もそういう経験が?」

「ないっ!」

だからムカツクんですよね、総裁。

"「おはよう忍者隊ガッチャマン」(3/7)「総裁X、春の怒りの巻」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント