「おはよう忍者隊ガッチャマン」(3/1)「非情のコイントス3の巻」

まだ、続くのか・・・。

「おほほほほほ!今度こそ貴様の命は風前の灯火だぞ、ガッチャマン!」
「うわぁ~くそ~。」「命乞いしたらどう?」「ふざけるな~!」「強情な男ねぇ。」
「じゃあひとつゲームをしましょう。」「またコインのヤツか~?」
「そう。コインの表が出れば生かしといてあげる。でも裏が出れば死。この場で撃つ。」

「わかってるわね~?あれ?」「何をされようが正義は屈しない!」
「強がってられるのも今のう・・・あ、あれ?」「何?どうしたの?」

「1万円しかない。」「ちっ。何してんだよ~!」
「あ~細かいの持ってるつもりで出てきちゃって~。確認してなかった~。」

「じゃ、崩して来いよ。」「ヤ~よ!」
「別に逃げねぇよ。一応そのシーン、カッコイイとこだろ~?やるからさあ。」
「そうじゃなくて。崩すと早いじゃない?1万円無くなるの。」「はあっ!?」

「この1万円、絶対崩したくないの!今月まだ長いからなるべく持ちこたえたいの!」
「知らねぇよ。」「アンタ、細かいの持ってないの?」「何言ってんの?」
「ちょっと貸してよ~。」「何でだよ~!」「あ~10円でいいから~。」
「何で撃たれるかもしれない方がコイン貸さなきゃなんねぇんだよ!」

「じゃじゃ、表が出たら撃たない。で、裏が出たら、私をどうにでも好きにして!」

「しね~よっ!」

カッツェ様のおっしゃることもわかりますが、ケンの言うこともごもっとも。

"「おはよう忍者隊ガッチャマン」(3/1)「非情のコイントス3の巻」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント