初戦は辛くも逆転勝ち

ブラジル ●3-5○ 日  本
 
 TEAM123456789 R
 日  本 
 ブラジル 


始球式は第1回優勝監督の王会長。キャッチャーはポン。
ああ、いい始球式だった。

日本の先発は田中マー君。今日も不安定で初回に失点。
2回4安打1失点でマウンドを降りる。

日本は3回、糸井のタイムリーで同点。
4回にはマッチのエンドランなどで1死1・3塁。
ここで坂本の犠牲フライで2-1と勝ち越し。

しかし、杉内・攝津んが1失点ずつで2-3と逆転される。

終盤の8回、内川が口火を切り、代打・井端のタイムリーで同点。
さらに1死満塁から代打・阿部のセカンドゴロで勝ち越し。
マッチにもタイムリーが出て5-3。

8回を能見、最後は牧田が締めて日本は初戦を勝利した。

これをブラジルが強いと見るか日本が弱いと見るかは微妙。
ヒーローインタビューが阿部なのはちょっといただけない。

"初戦は辛くも逆転勝ち" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント