「ちはやふる」第十三首「きみがため」

競技かるた全国大会団体戦。

近江神宮に参拝する瑞沢高校競技カルタ部の面々。
「二拝二拍手一拝」のしきたりは大切です。
「アクシデントが起きませんように」と祈る千早に異変の兆候が。
画像

その帰り道。すれ違いにやってきたこの人は・・・。
画像

京都・津咲高校の若宮詩暢。現クィーンである。
千早はまだ知らないのですが。
画像

そして迎えた大会当日。大江母子の着付けも万全。
太一の着付けはもちろんイケメン好きの母が横取り担当。
画像

千早は喋らないし動かないので美人に見える。
画像

北央を倒した瑞沢に他校の注目が集まる。

予選Eリーグは強豪校なし。
初戦を前に「捨て駒になる」と机くん。なんと熱いチーム愛。
画像

瑞沢ファイトーっ!
画像

緊張な面持ちの女帝にイケメンチェックに余念がない大江母。
試合開始。だが、千早の様子がおかしい。目眩・・・暑い・・・寒い・・・。
画像

その頃、新は近江神宮へ向かっていた。道に迷ったが。
画像

道すがらかるたを教えてくれた祖父の事を思い出す。

右半身不随。発作から認知症。かるたを忘れた祖父。落胆する新・・・。
福井大会の日。突然、祖父が戻った。
祖父に後押しされて大会に出掛ける新。そして・・・。
画像


やはり辛い。会場を前に踵を返す新。聞こえてくる畳を叩く音。
新はついに会場の扉を開けた。そこには戦う太一と千早がいた。

しかし、千早は限界だった。崩れ落ちる千早を抱き留める太一。
画像

「綾瀬、棄権します。」
画像

千早を抱えた太一は新に千早を託す。
画像

控室に運んだ千早に付き添う新。気がついた千早は新を見た。
画像
画像

試合に戻ろうとする千早を止める新。泣き崩れる千早。
「真っ直ぐなまま」の千早を見て新も決心が付いた。
画像

千早は病院へ搬送。そこへ役員の吉岡先生が声をかける。
綿谷先生にまた会える。新のかるたは綿谷先生そっくりだ、と。
画像

千早はそのままホテルで休んでいた。
目が覚めた千早が部屋の扉を開けると・・・。
そこにいたのは北央のドSこと須藤先輩。
画像

体調不良で棄権とはありえねーっ!泣きゃいいってもんじゃねーっ!
怒濤の責めにさすがの千早もポロポロ涙をこぼす。
画像

そこへ帰ってきた太一たちに土下座する千早。
なんと机くんが初勝利!
しかも2連勝!

なんとか千早抜きで決勝トーナメントまでは進んだようです。

「朝一の新幹線で帰ったら」と机くんからまさかの戦力外通告
ガ~ン!
画像

「絶対治す!」と明日の個人戦へ意欲を燃やす千早。
太一は新からの土産物を千早に渡す。

「次は試合で。」と書かれた包み紙。
「届いてたんだね・・・」と涙をこぼす千早。
画像

初めての全国大会・団体戦は残念な結果でした。
今回はクライマックスと見せかけて新の回だったわけですな。

新年一発目は新の復活、クィーン若宮詩暢登場と新展開。
何話までやるのか解りませんが楽しみになってきました。


【今日の一首】

君がため 惜しからざりし 命さへ ながくもがなと 思ひけるかな
藤原義孝

(君のためなら惜しくないと思った命も、会えた今はできるだけ長くと思います。)

"「ちはやふる」第十三首「きみがため」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント