日本シリーズ第4戦

(2勝)千葉ロッテ ●3-4○ 中  日(2勝)

 TEAM1234567891011 R
 中  日
千葉ロッテ


千葉ロッテと中日の日本シリーズ第4戦。
先発はロッテが唐川(21歳)、中日は山本昌(45歳)。
年齢差24歳の対決になりました。

試合は3回裏、ロッテが岡田のヒットと暴投などで2死2塁。
ここで西岡がタイムリー2塁打で先制。
さらに井口の2ランホームランで3-0。

直後の4回、中日は森野がレフト前へ。
突っ込んだ清田のグラブからボールがこぼれ3塁打。
続く和田のフェンス直撃のタイムリー2塁打で3-1。
ブランコのライトフライで1死3塁。
ここで野本が犠牲フライを打ち上げ3-2。

5回にはリリーフした小野がジタバタして無死満塁。
バッターは、ここまでノーヒットの井端。
一気に逆転のチャンスだったがセカンドゴロゲッツー。
ダブルプレーの間に1点が入り、3-3の同点。

その後は両チームともランナーは出すもののホームが遠い。
リリーフ陣が何とか踏ん張って試合は延長戦へ。

10回裏、ロッテは清田四球で無死1塁。
井口の当たりはライト英智が目測を誤りボテン&後逸で無死2・3塁。
大事なところでミスが出た中日は絶体絶命。
サブローを浅いレフトフライ・今江を敬遠して1死満塁。
福浦の所でリリーフ・高橋。カウント2-3。
福浦の打球はサードライナー。清田が帰れずゲッツー。

最大のピンチを切り抜けた中日は11回。
2死2塁から大島がセンターオーバーの3塁打で勝ち越し。
前進守備が裏目に出て中日が4-3と1点リード。

その裏、2死無走者で守護神・岩瀬登場。
南は粘って四球を選び2死1塁。
ホームランで逆転サヨナラの場面でバッター・西岡。
かなり大振りしてますが・・・。
結果はライト・英智へのフライで試合終了。

中日が総力戦を制して2勝2敗のタイに持ち込んだ。
これで決着はナゴヤドームとなることが決定。
第5戦は勝った方が王手という大事なゲームになりましたな。

第5戦は11月4日千葉マリンスタジアムで行われます。

"日本シリーズ第4戦" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント