「ウルトラマンタロウ」第11話「血を吸う花は少女の精」

蔦怪獣 バサラ 登場
画像
画像

梅雨の夜の怪。「捨て子塚」から聞こえる赤ん坊の声。
警官2人が何者かに襲われた。
「吸血鬼殺人事件」
被害者の血は一滴残らず無くなっていた。
森山クンの電話でたたき起こされた光太郎。

捜査を始めた光太郎は赤い花を抱える少女と出会う。
少女の名は「香苗」。
さおりさんの留守中に手伝いに来た森山クン。
森山クンの話では香苗は元々施設の子だったという。
光太郎が調べると里子に出されたという。
つまり香苗は実の親に捨てられたのだ。
そのとき、健一は一輪の花をもらう。

その夜、その花は伸びてきた蔦と合体し、森山クンを襲った。
酔っぱらいの人たちにぶち切られなんとかピンチ脱出。
花を持って帰った森山クン。
分析をした結果、大量のヘモグロビンが検出された。
香苗の里親も犠牲になる。
花の咲いていた場所は「捨て子塚」だった。

光太郎と北島がひっこ抜こうとした蔦はバサラの体毛だった。
北島が蔦に絡まれ動けなくなってしまった。
スカイホエールも敢えなく捕まり全員脱出。
光太郎も蔦に絡まれながらタロウに変身。
画像

激しい格闘の末、ストリウム光線を発射。
画像

バサラは大爆発。
画像

しかし、身体が滅びても「恨み」がバサラの姿となった。
画像

親に捨てられた子供たちの憎しみは「捨て子塚」のある寺を炎上させる。
画像

それを見届けて、バサラは爆発・炎上していった。
画像

香苗は一人で施設に戻っていった。

自分を捨てたお母さんを憎んでいたのかもしれない。
いや、お母さんにそうさせた世の中を。

今日も香苗はハサミを手に墓場を徘徊している。

"「ウルトラマンタロウ」第11話「血を吸う花は少女の精」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント