「 ウルトラQ」第24話「ゴーガの像」

貝獣 ゴーガ 登場

6000年前、アランカ帝国を滅ぼした貝獣ゴーガ。
物語は鍵を握るゴーガの像を廻って展開します。
岩倉会館に所蔵される美術品の数々。
そこに新たにゴーガの像が加わることになった。

アリーンによって運ばれたゴーガの像。
どうやら岩倉は世界の所蔵品を奪っているらしい。
お得意のギャングものか?
ゴーガの像もアーブ博物館から盗難されたものだった。

奢れる者達へ6000年の呪いをこめる。
アランカは罪と共に没す。

ゴーガの像にはそう刻まれていた。
放射線検査の結果黒い影が大きくなっていた。
大きくなっていたのはゴーガ。
やがて像を割ってその姿を現した。
放射線を当てたためにゴーガが再生したのだ。

ゴーガはドンドン大きくなっていった。
アリーンは誘拐された女の子が岩倉会館にいると通報。
そのことでアリーンも捕らえられた。
通報を受けて万城目たちも岩倉会館へ。
しかしあっさり捕まってしまう。
アリーンの正体は国際文化財秘密捜査官ヤン・ミン。
彼女は民ちゃんと共に脱出を試みる。
どさくさ紛れに万城目たちも逃走。
ヤン・ミンと合流するが発見され追いつめられる。

そんな事している間にもゴーガは巨大化。
目からの光線のS.E.は新マンのスペシウム光線の音。
更に巨大化したゴーガは岩倉会館を破壊。
5人はなんとか脱出に成功。

ゴーガは操演怪獣です。
頭を動かす2本のピアノ線は夜のために黒塗り。
発光する貝を背景にすると丸見えでしたなあ。

ゴーガは火の海と共に滅びる

・・・というわけで火攻めにすることになった。

ゴーガは岩倉を踏みつぶした後、貝をドリルにして地底へ。
地上に現れたゴーガを爆弾攻撃。
炎に包まれたゴーガはそのまま地中に没した。

街に悪が蔓延り、人々が心を亡くした時・・・。
ゴーガは甦ると言われています・・・。

ゴーガがいつ甦ってもおかしくないですね・・・。

"「 ウルトラQ」第24話「ゴーガの像」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント