「ウルトラマンA」第46話「タイムマシンを乗り越えろ!」

タイム超獣 ダイダラホーシ 登場
画像
画像

ダイダラホーシとはもともと伝説の巨人の名である。
ダイダラボッチ、デーラボッチ、タイタンボウなどとも呼ばれる。

何の前触れもなくいきなり姿を現した超獣・ダイダラホーシ。
画像

TACは現場に急行。攻撃を開始した。
ものすごいスピードで逃げ出すダイダラホーシ。
画像

その姿が忽然と消えた。そして別の地点に超獣出現。
ダイダラホーシは100キロもの距離を空間を転移したのか?
TACは急行し攻撃を加える。
するとまた、猛スピードで駆けだし姿を消した。
そして、タックスペースも一緒に消えてしまった。

捜索するが手がかり一つ掴めない。
そこにスペースに乗っていた吉村から通信が入った。
超獣と共に過去の世界に運ばれてしまったようだ。
吉村と美川はそこでダイダラホーシの仲間と間違えられ襲われる。
画像

TACにはタイムマシンがあるという隊長のお言葉。
試作品だけに危険と未解決の問題があるという。
歴史の中に潜り込むことが問題なのである。
「小枝一本折っても歴史が変わる」という博士。
タイムマシンの理論ですな。
「枝一本折らないと誓います」
と食い下がる北斗だが君の論理の方が間違ってるぞ。
歴史は気合いだけではどうにもならないものだ。

嘲笑うかのように再び現れるダイダラホーシ。
竜隊長の提案でスペースに新装置がセットされた。
そして、ダイダラホーシと共に竜隊長と北斗は過去の世界へ飛んだ。
画像

そこで吉村たちを捕まえた野党と格闘し馬を奪う。
高峰氏が一番印象深いと言った隊長との乗馬シーンです。
画像

二人とも颯爽としてますねえ。
画像

2人がたどり着いたのは奈良時代。
大仏開眼が行われ、吉村と美川が人柱に!
画像

なぜか奈良時代なのに十字架が・・・。
そこへダイダラホーシが出現。
隊長が超獣の攻撃で落馬。北斗はエースに変身した。

エースは大木2本を抜いてダイダラホーシに1本与える。
画像

チャンバラでも始めるつもりのようだが、ちょっと待て!
枝一本折らない」と誓ったんじゃねぇのか?
大木2本も引っこ抜いたら歴史が変わるかもしれないぞ!
エースはお構いなしにダイダラホーシを大木で斬る。
画像

ドドーンと倒れるダイダラホーシ。
画像

エースはその木を投げ捨て(←コラコラーッ!)、歩み寄る。
画像

あわれ2本の木がその子孫と共に歴史から消えたのであった。
死んだふりをしていたダイダラホーシがいきなり頭突き!
顔面を強打したエースはもんどり打って倒れる。
マウントを取ってボコボコに殴るダイダラホーシ。
エースはダイダラホーシを蹴り上げる。
空中から落下して倒れ込むダイダラホーシ。
エースはスペースQのような動作でアローショット(違うかも)を放つ。
画像
画像
画像
画像

大爆発するダイダラホーシ。
画像

  ウルトラマンエースは勝った。
  歴史を混乱させることなく歴史を救った。


おいおい、大木2本引っこ抜いたじゃないの!
植物だって生命なんだからダメでしょうが!

ウルトラマンエースはスペース2機を抱きかかえて現代へ飛んだ。
画像

えーと、気絶していた3人を誰がスペースの機内へ運んだんだ?
まあ、一旦北斗に戻って3人を乗せてからまた変身したんでしょう。

エンディングはTAC全員のショットでした。
画像

山中と今野はずーっと捜してたんでしょうか。
その割に疲れてませんが。
エースが捜し始めてすぐの時間に3人を連れてきたことにしましょう。
ラストでさっきあった木がなくなってたら面白かったのに。

ああ、タイムマシンが絡むとややこしいっ!

"「ウルトラマンA」第46話「タイムマシンを乗り越えろ!」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント