「ウルトラQ」第6話「育てよ!カメ」

大ガメ ガメロン  怪竜  登場

教室に亀を持ってきた少年。
「99㎝に成長したら竜宮城に連れてってくれる。」
そう信じている妙に歯並びの悪い少年・太郎。
先生に叱られて屋上に立たされてしまった。
下校時間になってもそのまま残されています。
今、これをやったら立派な「体罰」に認定されてしまいます。

屋上から銀行強盗と警察の銃撃戦を目撃。
日頃からウソばかりついている少年は信用されない。
「虚言癖」のある子供。
注目を集めたいために「虚言」を繰り返す子は今でもいる。
また、自分の思いを信じて疑わない子もいる。
どちらも周りからは「ウソつき」呼ばわりされるのだが。

学校に残って亀と遊んでいるとそこに銀行強盗が!
「ギャングのおじさん」は亀も一緒に連れて行ってしまった。
ギャングはトラックの荷台に潜り込んだ。少年も後を追う。
ランドセルと亀の成長ノートが残されていた。
学校は保護者に連絡。
そこで太郎がいなくなったことに気がついた。
担任の先生はまるっきりノンビリした対応。
いなくなった太郎を捜してほしいと保護者が要請。

ギャングと太郎の珍道中は続く。
警察に追われながらもなんとか地下水路に逃げ込む。
そこでいつの間にか大きくなった太郎の亀。
ギャングは大慌てで逃げ出した。

太郎の亀は99㎝に成長していた。
亀は太郎に命令されて竜宮へ向かった。
海の中にはいるとそこにはブランコの女の子。
その女の子は乙姫と名乗った。
イメージをぶち壊された太郎は頭に来た。
いたずら合戦でボロボロになった太郎。
ロケットにまたがって逃げる乙姫。
そのロケットはいつの間にか怪竜に変身していた。
この怪竜は東宝映画「海底軍艦」のマンダの改造。

酷い目に遭わせた挙げ句「もうウソ言わない?」と乙姫。
「じゃあ、これあげるわ。」と玉手箱を手渡し去っていく。

太郎は帰ってきた。
決してウソはつかないと誓う太郎。
どこに行っていたという問いに「竜宮に言ってきた」という太郎。
また、ウソをつくのかと叱られる太郎。
彼は夢を見ていたのか?
その手には「玉手箱」が確かにあった。
信用してもらうため太郎はためらいながらも玉手箱を開ける。
中から白煙が舞い上がり「太郎はたちまちお爺さん」に。
しかし、それも現実ではない。
周りの大人達の笑い声の中にかき消される太郎の叫び。

「ホントだよ!ホントに行ってきたんだってば!!」

大人達が信じなくても、子供たちは信じている。
亀がいつか大きくなって竜宮城に連れて行ってくれると。


そして、クラス全員が亀を飼い始めた。

"「ウルトラQ」第6話「育てよ!カメ」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント