「ウルトラマンA」第18話「鳩を返せ!」

大鳩超獣 ブラックピジョン登場
画像
画像

パトロール中の北斗と南は三郎少年と鳩の小次郎と出会う。
画像
画像

TACが開発した無人機には回収機能に問題があった。
そこで鳩の帰巣本能を利用してみることが決定。
その実験に小次郎が使われることになった。

しかし、実験中に小次郎が消えた。
「鳩小屋に戻っているのかもしれない。」
↑普通そうです。

ヤプールが小次郎を奪って超獣に移し替えようとしているのだ。
テリブルミキサーに入れられる小次郎。

「あの鳩はTACに向かって飛ぶのだ。」とか言ってましたが、
飼い主の鳩舎に帰るんじゃないのかね?
鳩の持つ帰巣本能はまだ解明されておらず、諸説ある。
情報を感覚器官で処理して地図を作る、とか。
地球の磁場を感じ取って方向を知る、とか。

小次郎は脳髄を吸い取られ「廃鳩」状態で帰ってきた。

・・・というわけで(?)悲劇の超獣が誕生した。
三郎の鳩笛に反応するかのように東京B地区に出現したブラックピジョン。

ブラックピジョンに吹っ飛ばされる北斗と三郎。
小次郎が戻ってきたんだと絶叫する三郎。

ところで東京B地区ってゼットンが現れた場所じゃなかったですか?
なんか、造成地みたいですが・・・。

落ち込む北斗の所にやってくる南。
三郎の鳩笛で再び現れるブラックピジョン。
中身を吸い取ったのに何で顔が鳩なのかね?
かなり強い超獣だったのに顔がかわいい鳩のまんま。
それとも弱そうに見せる作戦なのか?
画像

とにかく強いぞブラックピジョン。
光線を吐けと言われて火炎吐いてますけど。
画像

ファルコンもスペースも飛行不能で脱出!
北斗と南はウルトラタッチで変身!
画像

エースもゲロ白い液体攻撃で倒れた。
画像

なんとか起きあがったエースは三郎を救出。
そのまま海へとなだれ込んだ。
メタリウム光線も効果ナシ。
画像

光線を打ち返されてしまう。
画像

ボコボコにされるエース。
画像

鳩笛でキョロキョロしているところを背後からテーッ!っと攻撃。
画像
画像

ホタルンガ戦同様、卑怯な攻撃が目立つエース。
まあ、仕方ないんですが。

三郎にとってかけがえのない存在だった小次郎は戻ってこない。
空に向かって鳩笛を吹く三郎。
画像

この空にもう鳩はいない。小次郎はもう二度と帰ってこない。

「鳩を返せ!」というストレートなタイトルが○。
流用はホドホドにという考え方ですが、「ノンマルトのテーマ」のBGMも○。
悲しい、後味の悪さも私にとっては○でした。

次回、キングカッパーでは「バーチカルギロチン」が再び炸裂!

"「ウルトラマンA」第18話「鳩を返せ!」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント