アメリカ大勝 初戦は王JAPAN

アメリカ ○17-0● 南アフリカ

WBC1次リーグB組はアメリカが南アフリカに大勝。
2勝1敗で3国が並んだ混戦のB組は失点率で決着。
1位メキシコ・2位アメリカとなりカナダは敗退となった。

この結果、王JAPANの初戦はアメリカに決定!
2次リーグ開幕戦がいきなり日米決戦だ!

先発は上原。過去の日米野球でも好投した日本のエース。
アメリカ打線も大勝の後だけに大振りしてくるかも。
(↑日本も韓国戦で同じコトしましたけど・・・)
上原のスライダーとフォークが有効になるだろう。

王JAPANはブリュワーズとの練習試合。

王JAPAN ●4-5○ ミルウォーキー・ブリュワーズ

先発の渡辺は3回を無失点で抑えたが2番手以降が打たれた。
5回までは小笠原の先制ホームランなどで、1-1。
6回に福留・多村のホームランで勝ち越し、3-1。
しかし、その裏こぐまが追いつかれ7・8回にも失点。3-5。
9回に1点差まで詰め寄ったが届かなかった。痛恨の逆転負け。

ここのところ先発はいいが2番手が失点という同じパターン。
リリーフ陣は不安だらけだがそんなこと言ってる場合ではない。
もう、ここまで来たら全力で戦うしかないのだから。

王貞治に恥をかかせるなっ!

"アメリカ大勝 初戦は王JAPAN" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント