「ウルトラマンマックス」第37話「星座泥棒」

星獣ケプルス登場。

成宮和也役に萩原流行が登場。しかし物静か。(←あたりまえだ)
カイトとミズキはデート中。
本部でエリーが恋愛成就確率を計算していると隊長がSTOP!

「隊長、辛い過去がおありのようですね。」
画像

二人の見ていた星座の配列が変化。
星の光が集まり地上に落下、星獣ケプルスが現れた。
幼い日に見た星座の本を思い出すミズキ。
その様子を見つめる男が呟く。「ケプルス・・・。」

ケプルスは光を嫌っているようだ。閃光弾が功を奏しケプルスは消失。
消失ポイントを追ってプラネタリウムに中に入ったミズキ。
そこにはあの男がいた。

男は太古の昔、地球に来訪したサトン星人の話を始める。
星空は地球を覆う巨大なプラネタリウムであると話す男。

地球人はサトン星人によって星への畏敬の念を抱いていた。
しかし、発展によって地上に光が蔓延し、美しい星座を奪い去った。
サトン星人はそれを哀れみ星獣ケプルスを召喚。
星空を取り戻すため地上の光を消し去ろうとしているのだ、と。
つまり「星座泥棒」は人類であるということなのだ。
そして、ミズキもサトン星人の末裔だと告げた。
画像

しかし、ミズキが行ったというプラネタリウムは存在していなかった。
「そんな・・・。」
画像

エイリアン反応を追って公園に来たミズキはすべてを思い出した。
あの男は幼少のミズキが一度出会っていた。
星空の神秘に魅入られた最初の夜に・・・。

「星空が大好きなのはきっと君が太古の昔、宇宙からやってきたサトン星人の末裔だからなんだ。星が輝いているのは故郷を忘れないための目印なんだよ。」
画像

ミズキに天球界の外へ行こうと誘う男。
再び現れるケプルス。男の誘いを断るミズキ。

「地上の光もかけがえのない光なんです。
 それに人類にも救いの手をさしのべてくれた宇宙人だっています。」

                                ↓この方です
画像

「成宮さん。私、あの日のこと忘れた訳じゃありません。
だって今の私がいるのはあなたの絵本のおかげだから。
星空へのあこがれがパイロットとしての私の原点だった。
初めて街の上空を飛んだ時、私思ったんです。
地上溢れるたくさんの光はこの街が平和な証なんだって。
地上の光と星空の光。どちらも守るべき大切な光なんだって。」

ケプルスの攻撃からミズキと成宮を守るマックス。

「光は希望の証だから。」
画像

ミズキの言葉に成宮はケプルスと共に「本当の宇宙」へ帰っていった。

「未来で会いましょう。」
画像

カイトはマックススパークを見つめて呟く。
「光は希望の証」
星空を見上げて太鼓の星空に思いを馳せるDASHの面々。
流れ星に願いをかけるエリー。
「いつまでもいつまでもみんなと一緒にいられますように・・・。」
画像


今週のメビウス番宣画像
画像





"「ウルトラマンマックス」第37話「星座泥棒」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント