「帰ってきたウルトラマン」第36話「夜を蹴ちらせ」

吸血怪獣ドラキュラス登場。

冬の軽井沢に出現した吸血怪獣ドラキュラス。
女性の死体に憑依し、次々と若い女性を襲う。
次々に女性を「吸血鬼」にし、人類の滅亡を企てているのだ。
吸血鬼と言えば西洋では男が多い。
映画化されるのも圧倒的に男性である。
クリストファー・リー氏などは吸血鬼の代名詞といっていい。
日本映画では他ならぬ岸田森氏が第一人者である。

ウルトラマンとの戦いでも吸血鬼らしくエネルギーを吸う。
エネルギーを吸われると当然カラータイマーが鳴る。
「エネルギーを吸う」というのは、物理的には難しい。
「吸った」エネルギーが必ずしもドラキュラスにとって「プラスの力」とは限らないからだ。
吸ったはいいがその途端、拒絶反応を起こすことだってある。
もし、未知の生物をいきなり食べろと言われれば誰だって躊躇するだろう。
少なくとも私はイヤだ。

吸血鬼の弱点と言えば古今東西「光」と「十字架」(あと「にんにく」ね)。
ウルトラマンも同じように強烈な「光」でドラキュラスを攻撃。
とどめにウルトラブレスレッドを「十字架」にして突き刺した。
よーく見ないと気がつかない程度の十字架だが。
串刺しにされたドラキュラスは灰燼に帰した。

11月の傑作群を受けたあとの作品だが、それなりに評価したい。
モチーフやデザインに真新しさはないが、「女性吸血鬼」が日本的。
死体が動いたりという発想は火葬の日本にはほとんどない。
だいたいが実体のない「霊」の仕業である。
ただ、その「霊」は昔から「女性」が多いのだ。
女性は古来から「神」として畏怖されてきた存在。
西洋的な吸血鬼と日本的な女性の死者が融合されているところに工夫がある。
(↑これを岸田森氏がやっててもそれはそれでおもしろいが)

次回のファミリー劇場の放送は1月1日午後8時から。
第37話「ウルトラマン夕陽に死す」
ついに「帰ってきたウルトラマン」最大の敵が登場。見逃すな!(←私が)

"「帰ってきたウルトラマン」第36話「夜を蹴ちらせ」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント