CSパ・1stステージ第1戦

日本ハム(0勝) ●2-5○ 西  武(1勝)


 TEAM1234567891011 R
 西 武
日本ハム


クライマックスシリーズ・パ ファーストステージ第1戦。
日本ハムの先発はダルビッシュ。西武は涌井。

1回裏、四球とヒットで1死1・2塁。
ここで小谷野・稲葉の連続タイムリーで2点を先制した。
マウンドには絶対エース。4回までパーフェクトピッチング。

西武は5回1死後、フェルナンデスがチーム初安打。
2死後、大崎がヒットで1・3塁のチャンスも代打・坂田が三振。

涌井は6回、連打で無死1・3塁ピンチで降板。
リリーフ・グラマン。稲葉のショートゴロで小谷野3塁憤死。
1死1・2塁となってリリーフ・岡本篤。
中田をキャッチャーゴロ、スケールズ三振で無失点。

大ピンチを切り抜けた西武は7回先頭の中島が2塁打。
中村は凡退したもののフェルナンデスのタイムリーで1点差。
しかし、浅村の三振ゲッツーで1点止まり。

7回を終わって2-1と日本ハムが1点のリード。
ダルビッシュの投球数はここまで101球。
前半より、ちょっと制球が乱れている感じ。
次の試合を考えたらあと1イニングで9回は武田久か。
う~ん、難しいところ。どうする梨田監督。

結果はダルビッシュは7回で降板。
8回は両チーム無得点で9回表。マウンドは武田久。
2死1・2塁から浅村のタイムリーで2-2の同点。
試合は延長戦。10回は石井・牧田で両チーム無得点。

11回表、榊原が四球・2塁打で無死2・3塁のピンチ。
中村敬遠で無死満塁からフェルナンデスのタイムリーで4-2。
送球が乱れる間に走者進塁して無死2・3塁。
浅村はセカンドフライで1死。リリーフ・林。代打・平尾。
平尾は敬遠気味に歩かせて1死満塁。
ここで星のセンターへの犠牲フライで5-2と3点リード。

10回から投げていた牧田は11回も無失点で試合終了。
ダルビッシュ登板試合で落とした日本ハムは痛い黒星。
西武はファイナルステージ進出に王手を掛けた。

やはり打てなかった日本ハム打線。
武田久が追いつかれたのも痛かった。
ダルビッシュの「次の登板」を考えた交代が裏目に出たね。
短期決戦は「目先の1勝」が大事なときもある。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック