「スイートプリキュア♪」第29話「ハラハラ!メイジャーランドで宝探しニャ♪」

メイジャーランドへLet's GO!という話。

メジャーランド行きを告げられてビックリの奏とエレン。
あ、クレッシェンドトーンの声は響にしか聞こえてなかったんですね。

というわけで3人と1匹はメイジャーランドへ向かうことに。
ハミィがフェアリートーンを背負って準備完了。
画像

天翔る虹の鍵盤を飛んでいざ行かん、メイジャーランド。
画像

マイナートリオから報告を受けたメフィスト様は静観の構え。
「到底太刀打ちできず自滅して終わり」「プリキュアの最期だ」
ということで今回は何もしません。

到着したプリキュア御一行はアフロディテ様と対面。
そこでクレッシェンドトーンについてお話が。
画像

クレッシェンドトーンは、ヒーリングチェストに宿る音の精霊。
ヒーリングチェストはメイジャーランドの宝。
代々、大切にされてきた伝説のアイテムだと。
しかし、あるとき闇の力に奪われ魔響の森に封印されてしまった。

魔響の森は決して近づいてはならない禁断の森。
これまで何人もの勇者が立ち向かったがダメだった。
しかし弱ったフェアリートーンを助けるためには行くしかない。

響たちは心意気とアフロディテ様の力でプリキュアに変身。
魔響の森はメイジャーランドとマイナーランドの間にある。
どちらに行くかはそこを訪れた者の心次第というわけですな。

魔響の森へ突入する3人。しかし、パラパラの空間に。
それぞれの空間でモアイとタイマンを張るプリキュアさんたち。

魔響の森に挑んだ勇者。メフィスト様もその1人だった。
悪のノイズを叩き込まれ、闇の力に呑み込まれて今に至る。
メフィスト様の過去がさりげなく語られました。

「仲間を信じている」ことがプリキュアの弱点と言うモアイさん。
「甘く見ないでよ」と反撃開始するプリキュアさん。
画像

やはりダメだ。この子たちは人の言うことを聞こうとしない。
動きがリンクしていく3人の攻撃でモアイに反撃。
しかし、とうとう悪のノイズの貝を耳に填められてしまう。
闇の力の前に光は無力なのか。
画像

響は奏とエレンに呼びかける。
画像

「信じていれば思いは通じるんだよね。」
画像

「私たちはずっと友達なんだーっ!」耳栓は砕け散った。
画像

そして、空間がリンクし3人は再び巡り会えた。

3体のモアイは合体して巨大化。ハミィたちを猫質に。
壮絶攻撃の前に変身解除されてしまう響たち。
画像

やはり響たちは絶対に許さないわけでもなく変身したらイカン。

ここでモアイさんが「くだらない命」と余計な一言。
その言葉を聞いた響さんは大激怒。「許さない・・・。」
「絶対に許さない・・・。」「よくもくだらない命って言ったわね・・・。」
「必死で生きようとしているのに!」「みんな・・・。」
「命に大きいも小さいもない。かけがえのない命を踏みにじるなんて。」
「絶対に!」「絶対に!」「絶対に!」「絶対に許せないっ!!!」
こ、こぇ~。
画像

光に包まれて変身するプリキュアさんたち。
画像

今度は猫質無視で3人でパッショナートハーモニー。
画像

「轟け!3人のハーモニーパワー!響き渡れーっ!」
画像

「行っけーっ!」
画像

パワーアップしてモアイさんを貫く。
画像

「これは終わりではない。始まりだ。」と捨て台詞を残して崩壊。

魔響の森は消え去り美しい草原へと変貌。
崖の上に突き刺さるカラスの骨飾りの大きな鍵。
響が大地から引き抜くと虹の鍵盤と扉が出現。

解錠されて扉が開くとヒーリングチェストが出現。
画像

現れたのはクレッシェンドトーン。
画像

呼ばれてフェアリートーンが飛んでいく。
ヒーリングチェストの中に吸い込まれるフェアリートーン。
一瞬、このアイテムと引き替えにいなくなるのかと思いました。
響が鍵盤に触れると「元気になったドド」とドリーが飛び出す。
画像

全てのフェアリートーンが復活した。

アフロディテ様はヒーリングチェストを響たちに与える。
「クレッシェンドトーンはあなた達を選んだのです。」

新アイテム・ヒーリングチェストを手に地上へ帰る響たち。

アフロディテ様のお言葉。
「あの3人ならヒーリングチェストの力を使いこなせるかもしれない。」
まさかの暴走アイテムなのか?

ヒーリングチェストの仕様は次回へ。
クレシェンドトーンの役割はまたのお話で。

新アイテムゲットだぜ!という話。

次回はワオ~ン!
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック