「ウルトラマン80」第49話「80最大のピンチ!変身!女ウルトラマン」

合体怪獣 プラズマ マイナズマ 登場
画像


午前0時に発信される謎の怪電波をキャッチしたUGM。
調査に出た猛と涼子は乱気流に巻き込まれ強行着陸。
崖崩れに遭いながらなんとか録音成功。

怪電波の内容は不明だが怪獣から発信されたものらしい。
発信場所は14カ所。14頭の怪獣がいるのか?
詳しい調査の結果、2種類に大別されるとわかった。
怪獣は2頭ということになる。公表はされないことになった。

ツトム君のラジオキットから流れて来る怪電波。
犬のロクは怯えていた。
翌日、猛に相談するツトム。周波数は1520キロヘルツ。
口外しないように諭す猛。
嘘をついたことが気になって、沈んだ表情の猛。
涼子が猛のそばにやってきて話す。
画像

「嘘と言えば私たち、もっと大きな嘘をついてるじゃない。」

そう、2人はウルトラの星から来た戦士なのだ。
猛は地球人が自力で戦える時が来るまで戦い続けると言う。

その日も怪電波が発信される時間が来た。
発信場所は奥多摩の仁王山付近。
翌日、調査に向かったシルバーガルは怪獣の存在を確認。
崖の中から怪獣の眼が覗いていた。
画像

こっそり基地内に入ったツトムは作戦会議を盗み聞き。
単身、仁王山へ向かった。
おいおい、UGMのセキュリティはどうなっておるのか。

仁王山でラジオをつけたツトム。
その電波に呼応して怪獣プラズマが出現。
画像

猛とチーフは緊急出動。ツトムを発見した猛は地上へ降りた。
ツトムを連れて逃げようとした瞬間、怪獣マイナズマが出現。
画像

そのとき猛は左腕にケガを負ってしまった。
猛はツトムを避難させ、ケガをおして80に変身。
画像
画像


2頭の怪獣に立ち向かった。
戦いの最中、プラズマとマイナズマは合体。
画像

意表を突かれた80はピンチ。
サクシウム光線を放つも通用しない。
画像

続いてバックルビーム。
画像

しかし、合体怪獣は倒れない。
怪獣は合体を解き、80に襲いかかる。

変身しようとする涼子を押しとどめる80。
80最大のピンチに涼子はユリアンに変身。
画像
画像

2頭の怪獣に敢然と立ち向かう。
画像

マイナズマの光線を浴びて劣勢のユリアン。
画像

プラズマに羽交い締めにされマイナズマに殴られる。
画像

間一髪、立ち上がった80がキックでユリアンの窮地を救う。
画像

再び合体する怪獣に80とユリアンも合体攻撃。
画像

肩を組んで高速回転を開始。
画像

そのまま合体怪獣に体当たり。
画像

怪獣は大爆発し、木っ端微塵。
画像

戦いを終え、80とユリアンは飛び去っていった。
画像

ツトムは猛に謝罪。猛はツトムを諭す。

猛は変身した涼子を叱る。
振り向いた涼子は涙を流していた。
「あたし・・・あたし地球人に生まれたかった・・・。」
画像

走り去る涼子をじっと見つめる猛だった。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

驚いた 驚いた
面白い 面白い

この記事へのコメント

ウルトラファンレオ
2011年04月19日 11:40
よく、ツトムは一般隊員やユリ子、セラにも見つからずに、UGMまで忍び込みましたね。
ウルトラエイティ
2011年05月01日 00:59
ウルトラマンであることを隠すという『大きな嘘』に関してなんですが、元々ウルトラの王女であるユリアンはエミ隊員の死を切っ掛けに突然戦士としての義務を背負わされる羽目になりましたから、嘘つくことに耐えられなくなったというわけなんですね
あと、ユリアンの助けを借りようともせずこのままプラズマとマイナズマを相手に道連れにしようとする80の判断は間違ってると思います。確かに80とユリアンで同時に立ち向かっても、やられる可能性は無くはありませんが、かと言ってこのまま自ら犠牲にしてまでプラズマとマイナズマを倒そうとする80の考えには理解できません

この記事へのトラックバック