「ウルトラマン80」第38話「大空にひびけウルトラの父の声」

心霊怪獣 ゴースドン 登場
画像

一転曇る空。そしてトラックが事故を起こしてしまった。
運転手は怪獣を見たという。
その事故で太の父は2ヶ月後亡くなってしまった。
警察もUGMも調査したが怪獣の痕跡はなかった。

太の父は太のために凧を作っていた。
そんなときUGMに毎朝新聞から写真が送られてきた。
そこには巨大な光が映っていた。
画像

怪獣凧を挙げている中学生のマサル。
太は父を「ウソつき」「人殺し」と罵倒され激昂。
父のくれた凧にウルトラマン80の絵を描く。

太の母は父と一緒に乗っていて亡くなった男性の妻と出会う。
そして、墓に花を供えた太の母を罵倒。
別の奥さんが火に油を注ぐ。
いるんだよなあ、こういうババァおばさん。

太の「ウルトラマン80凧」は完成した。
競技会で太の「ウルトラマン80凧」は空高く舞い上がった。
安堵する太の母。そこへ怪獣凧が迫ってきた。

パトロール中の猛とイケダもその様子を見ていた。
思わず応援にも熱が入る。
画像

勝負はつかなかった。1時間後に再戦が決まった。
基地に戻った2人は道草がバレて逆立ちさせられていた。

発熱する再戦。その時、黒雲が沸きたち雷が鳴った。
その雷が怪獣凧へ走り、青白い光が飛ぶ。
画像

そして、怪獣ゴースドンが実体化した。
画像

出動したUGMだが、猛のスカイハイヤーがやられた。
脱出した猛にゴースドンの光が直撃。
身体が動かなくなってしまった。
そのとき、猛の耳にウルトラの父の声が聞こえる。
画像

「ウルトラマン80よ立て。立って戦え!
 お前の勇気を正義の矢として悪を倒すのだ!」

猛は力を振り絞りウルトラマン80に変身。
画像

空中殺法にピンチの80は「凧糸」を発射。
画像

ゴースドンを「凧あげ」したあと落下させる。
画像

トドメのウルトラオーラ。
画像

ゴースドンは燃え尽きた。
画像

太に凧を返す猛。太は強い子になるだろう。
ウルトラの父の励ましを受けてゴースドンを倒した80を見て。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ウルトラファンレオ
2011年02月09日 17:55
太の母・秋子は、斉藤由貴ちゃん版の「スケバン刑事」の母役・清水まゆみさんです。あと、テントのパイプイスと机も、ゴースドンに踏み潰されましたね。事故で死亡した太の父・茂太と同乗していた川村治の妻・秀美が秋子を、そして、まさるが太を助けたのが良かったです。

この記事へのトラックバック