「ウルトラマン80」第35話「99年目の竜神祭」

三つ首怪獣 ファイヤードラコ 登場
画像

三首竜の伝説を語る神主は常田富士男氏。
画像

おお、「まんが日本昔ばなし」だ。

99年に一度その竜から取り出された竜玉を磨く。
100年過ぎると竜玉は曇るらしい。

イケダの叔父が神主。そこの光男少年が竜玉を磨く。
なにか沈んだ表情の光男。
おみくじを引いた猛。あれ?ユリちゃん?
画像

大道芸をしていた火吹き男と怪力男。
光男は神社の中を窺う火吹き男をじっと見ていた。

翌日、空手の申し合わせをする猛と光男。
光男のケガの手当てをするユリちゃん。
画像

光男を見つめる火吹き男と怪力男。
そして祭が近づくに連れ、奇怪な行動を取り始めた光男。
一体、光男は何を隠しているのか。

光男が2人と合っているところを見た村人。
火吹き男が村人を焼失させ、光男は子供を助けた。

猛はテレパシーで光男に話しかける。
祭の最後に恐ろしいことが起こる。
光男はそれ以上語ろうとはしなかった。

その夜、竜玉が鳴った。
共に復活の時を迎えるのだと光男に迫る2人の男。
画像

光男は人間の世界が良いと嘆くのだった。

猛は落石から光男を救うが怪力男に突き飛ばされ気絶。
そして、儀式の最中、光男は竜玉を奪って逃走。
男たちと共にファイヤードラコとなった。
画像

鳥居と三首竜のコントラスト。キングギドラか。

猛は変身しようとするがブライトスティックを飛ばされる。
容赦ない攻撃で大ピンチ。
なんとかブライトスティックを拾い変身。
画像

しかし、圧倒的なファイヤードラコに大苦戦。
そのとき、白い首(光男)が赤い首に噛みついた。
画像

一瞬、怯むファイヤードラコ。
ウルトラマン80はウルトラアイスポットを発射。
画像

青い首と赤い首にサクシウム光線。
画像
画像

もんどりうって倒れ、炎に包まれるファイヤードラコ。
80はその炎の中から光男を救い出した。
画像

光男は竜玉を置いて走り去っていった。

村の人々は何も知らなかった。
光男がなぜあんな事をしたのか、そして何処へ行ったのか。

光男が悲しい怪獣人間だったことを知るのは猛だけだ。
猛は旅立つ光男の後ろ姿を見送るのだった。
画像

光男は人間として生きたかった。
しかし彼は普通の人間ではない。
彼が人間という異生物の中で生きるにはどうすればいいのか。
彼に「人間」の生活習慣全般・社会性などは身に付いている。
しかし、「人間」(特に日本人)は異物を排除する。
彼を受け入れてくれる人がいると猛は言った。
それは悲しい幻想なのかもしれない。
猛とてM78星雲の宇宙人なのだ。
彼自身が人間に受け入れられることが今後のテーマなのか。

最終回までの流れってこれ?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

ウルトラファンレオ
2011年01月20日 18:44
火吹き男は、「スカイライダー」のオオカミジン人間体・新海丈夫さんです。

この記事へのトラックバック

  • プラダ メンズ

    Excerpt: 「ウルトラマン80」第35話「99年目の竜神祭」 あしたはきっとやってくるさ!/ウェブリブログ Weblog: プラダ メンズ racked: 2013-07-10 02:27