「ウルトラマン80」第33話「少年が作ってしまった怪獣」

工作怪獣 ガゼラ 登場
画像

中山昭二氏が西山医師役でゲスト出演。
帰り道で看護婦は大きな火の玉を目撃していた。

その病院に怪獣の姿が現れた。
UGMに出動を要請する西山医師。
画像

その前に少年の声で電話が入っていた。

その病院に入院中の少年・ケンイチ。
気になった猛はエミと2人で病院へ向かった。
画像

ケンイチの手術の成功率は15パーセント。
そのケンイチは怪獣ガゼラを完成させていた。
画像

ガゼラは攻撃を吸収してはね返すらしい。

そんな様子を見た猛とエミはなぜか崖でしんみり。
画像

その夜、ケンイチは手術の恐怖と戦っていた。
廊下では手術の失敗で家族を亡くした人の泣き声。
タイミング悪すぎだろ。

そしてUGMに前と同じ少年から怪獣出現の電話が入る。
猛はケンイチの病院へ行くことにした。
怪獣の姿はケンイチが投影させていた。

病院に着いた猛はケンイチに「怪獣は怖い」と告白。
そして「怖くても向かっていく」ことを。
ケンイチは自作の怪獣を見せようとする。
ところがない。海岸に忘れてきたらしい。
その怪獣・ガゼラに青白い人魂が入り込んだ。
画像

翌日、海岸に取りにいったケンイチの前でガゼラが動いた。
あわてて逃げだし、UGMに電話を入れるケンイチ。
猛は急いで病院へ向かった。
ケンイチの言う海岸で猛はガゼラを発見。
いきなり攻撃し、ガゼラは海中に転落。
するとそのエネルギーを吸収して巨大化してしまった。
画像

UGMに出動要請する猛。攻撃を開始するUGM。
しかしガゼラは攻撃されればされるほど強くなるのだ。

圧倒的なパワーで逆襲するガゼラ。
猛はガゼラの攻撃を食らって海中へ転落。
猛は海中で変身。ウルトラマン80はキックで攻撃。
画像

さらにサクシウム光線。
画像

ガゼラは倍のパワーの光線にして80に発射。
画像

ケンイチは胸の増幅器が外れやすいことを80に向かって叫ぶ。
80はキックで増幅器を外す。
画像

さらにリフトアップして崖に叩きつける。
ガゼラはぶっ倒れた。
ガゼラから飛びだした人魂を光線で破壊する80。

その青白い人魂は「怪獣の魂」だった。
エミから報告を受ける猛。
画像

そして、ケンイチの手術は成功した。
「怖いけど向かっていくからね」
ケンイチは何度も譫言を言っていたらしい。

これが今回のテーマだったわけですな。

今回からオープニングのバックが変わりました。
「レオ」映像使ったらイカンでしょう。
画像

ほら、この足、ブラックギラス↓
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ウルトラファンレオ
2011年01月15日 10:40
こっちのオープニング映像の方がお気に入りです。

この記事へのトラックバック