「ウルトラマン80」第23話「SOS!!宇宙アメーバの大侵略」

アメーバ怪獣 アメーザ 登場
画像

スペース7号がアメーザ星の探査を終えて帰ってきた。
大気圏突入直前にエンジンルームに異変発生。
謎のアメーバ状の物体が襲いかかってきた。

SOSを受けてUGMは直ちにスペースマミーで出動。
スペース7号に近づくスペースマミー。

スペース7号のコクピットは無人。
そこで猛が見た物は恐ろしい宇宙アメーバだった。
スペース7号は徐々に地球へ降下していた。
ミサイルR-Ⅰでの撃墜を提案するハラダ。
しかし、撃墜まで5分はかかる。
この間にスペース7号は大気圏に突入してしまう。
大気圏内で爆発すれば宇宙アメーバを撒き散らすことになる。
残された方法はスペース7号を直接操縦すること。

「給料分の働きはせにゃな。」
イトウはお守りを託し、スペース7号へ行く決意をする。
猛は2人に当て身を食らわせて出発。
相変わらずですなあ。

スペース7号に乗り込んだ猛は地球から離れていく。
自動操縦が効かないためミサイルで撃墜することに。
大型ミサイルR-Ⅰは発射された。
画像

脱出しようとした猛のヘルメットに宇宙アメーバが!
襲いかかるアメーバをなんとか撃退した猛。
だがヘルメットが使い物にならなくなった。
「脱出は不可能です。」
刻一刻と近づくミサイル。自爆を指示するオオヤマ。
自爆装置が作動しない。
隕石のひとつがぶつかって故障したのだ。
スペースマミーの迎撃ミサイルがR-Ⅰを爆破。
画像

ひとまず猛の死は回避された。
しかし、それはひとときの猶予でしかないのだ。
ひとりぼっちで死を覚悟する猛。
画像

宇宙アメーバがコクピットに迫る。
オオヤマから通信が入る。
巨大隕石が接近している。
その隕石にスペース7号とスペースマミーが着陸して救出する。
あと50分持ち堪えろ、と。
10分が経過した。あと40分。
アメーバの襲撃は激しく猛は持ち堪えられそうもない。
オオヤマに別れを通信を入れる猛。

「勝手なことは俺が許さん!」一喝するオオヤマ。
画像

「お前にはれっきとした家族がいることを忘れてもらっちゃ困る。」
UGMのメンバーが猛の「家族」なのだ。
必死で呼びかけるタジマとエミ。
画像

そして、イトウとハラダ。
画像

UGMは「地球という大きな家族を守るため」に戦っているのだ。

そのときコクピットの扉が破られた。
猛はアメーバに襲われながらも変身。
画像

スペース7号不時着と同時にウルトラマン80となった。
画像

クルーのエキスを吸ったアメーバは怪獣アメーザとなった。
画像

スペースマミーが降下してきた。
80は焦った。ウルトラマンのままでいたら正体がバレる。
ハンドビーム発射!
画像

さらにサクシウム光線!
画像

爆発を起こし消滅するアメーザ。
画像

イトウとハラダは倒れている猛を救助。
そして無事に地球に戻ることができた。

基地に戻った猛はイトウとハラダに「貸し」があるという。
どうやら昼飯代を立て替えていたようだ。
一方、イトウとハラダも「貸し」があると言い出す。
2人にパンチを食らう猛。
画像

アメーバには酷い目に遭い、昼食代も踏み倒された。
「家族」のありがたみを感じつつも散々な猛でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い 面白い

この記事へのコメント

ウルトラファンレオ
2010年12月19日 14:44
アメーザって、そのままですね。

この記事へのトラックバック