CSパ・ファーストステージ第1戦

(0勝)西  武 ●5-6○ 千葉ロッテ(1勝)

 TEAM1234567891011 R
千葉ロッテ
 西  武


今日から始まったCSパ・ファーストステージ。
さて、困った。我が家は全員ホークスファン。
私の父は筋金入りのライオンズファン。
娘(11歳)も選手個人としては西岡・中島・岸が大好き。
どっちの応援をしたものか・・・。

どっちも頑張れ~。とにかくいい試合を見せてくれ。
・・・というわけで試合開始。

第1戦は前半は涌井・成瀬のエース同士の投げ合い。
終盤は点の取り合いというスリリングな展開。

2回におかわりのホームランで先制した西武。
1点のリードを涌井が守って7回を1-0で終了。

とにかく打てそうになかった涌井。
しかし、8回2死無走者から西岡が同点ホームラン
バックスクリーンに痛烈な打球をたたき込んだ。
呆然と打球の行方を見つめる涌井。

その裏、成瀬がヒットを許して降板。リリーフ・内。
四球で無死1・2塁。高山バント失敗で1死。
代打・石井が四球で満塁。佐藤はサードゴロで2死。
このサードゴロでホームゲッツーを取らなきゃイカンな。
そう思っていたら代打・大島が2点タイムリー
ライトの悪送球の間にもう1点入り、4-1。
さらに栗山のタイムリーで1点追加。5-1と4点のリード。

やっぱり四球やミスは命取りだな・・・。

最終回、西武のマウンドはシコースキー。
先頭の井口がヒットで出塁。サブロー三振で1死1塁。
ここから懐かしの「マリンガン打線」がついに火を噴いた。
福浦・今江・テギュンの3連打で2点を返し、5-3。
大松に四球を与え、1死満塁でシコースキー降板。
いよいよ「俺達」の出番だ!リリーフは力者・小野寺。
2ヶ月ぶりの打席という里崎に同点タイムリー
さらに1死1・3塁で続く西岡にも痛烈なレフトライナー。
佐藤の好返球でホームタッチアウト。なんとか同点で終わる。
その裏、西武は2死1・2塁のチャンスを逃し延長戦へ。

10回は岡本・コバヒロが共に無失点。
11回表、マウンドには土肥。先頭打者は福浦。
9回のホームインの際、足を引きずっていたのが気にかかる。
ここは歩いて帰れるホームランしかない。
・・・と思っていたら本当にホームラン!

ついに6-5とロッテが大逆転に成功。
その裏は2イニング目のコバヒロが三者凡退で試合終了。

ロッテが大きな大きな1勝をあげて福岡行きの切符に王手。

久しぶりのパ・リーグの試合を堪能しました。
福岡でお待ちしております。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック