「ウルトラマン80」第3話「泣くな初恋怪獣」

硫酸怪獣 ホー 登場
画像

お、タイトルが赤字になりましたな。
画像

春たけなわ。春は恋の季節。だって春だもん(違)

放課後、京子先生を誘って帰ろうとする猛。
しかし、水泳の講習があるとあっさり断られてしまう。

ケンカする柴田とシンイチ。
柴田がシンイチのガールフレンド・みどりを取ったということらしい。

その夜、涙を流して荒れるシンイチ。
みどりの笑い声が聞こえる。
フラフラベランダに出たシンイチに光線が!
昏倒するシンイチ。
その後、奇妙な声が響き、UGMに苦情が殺到。
マイナスエネルギーが霧の原因だった。
異常な霧の発生地点は中学校の近くだった。
猛はその夜も翌朝も調べていたが異常なし。

猛は京子先生に出会い晴れやか。
しかし、北川という先生の車に乗っていく京子。
一日中元気のない矢的先生。

クラブもサボって黄昏れるシンイチ。
その夜、シンイチの意識は身体を抜け出した。
そして、ついに怪獣ホーが姿を現した。
画像

猛はシンイチの心が作りだしたものではないかと考える。
UGMは攻撃を開始した。
シンイチの自宅に着いた猛は「シンイチの心」を目撃。
魘されるシンイチを起こす猛。

猛はシンイチをホーの見える所へ連れて行く。
マイナスの感情が生み出した怪獣。
シンイチに「恋愛談義」を聞かせる猛。

「故郷にいた頃、ホントに好きな子がいた。
 その子は楽器を欲しがっていた。必死になってバイトした。」

M78星雲でそんなことしてたんですか?

しかし、猛の説得は失敗した。
「悔しいんだーっ!」
シンイチの叫びにパワーアップするホー。
猛はシンイチを庇ってホーの流す硫酸の涙を受けて負傷。
ホーはみどりの家の方へ向かっていた。

「お前は本当にそれで良いのかっ!?」

猛の言葉にシンイチは叫ぶ。「消えろーっ!!」

しかし、時既に遅し。ホーは憎しみの悪魔と化していた。
みどりに迫るホー。
シンイチはみどりを庇ってブロック塀の下敷きに。
シンイチのピンチに猛は80に変身。
画像

しかし、ホーの硫酸の涙を浴びてピンチ。
画像

さらに光線を浴びてカラータイマーが点滅。
キック2連発からサクシウム光線。
倒れないホーに80はバックルビームを放った。
画像

ビームを浴びて燃え尽きるホー。
画像


「メビウス41話」でも最後はバックルビームでしたな。

次の日曜日、京子出会った猛。
そこへあの北川が通りかかった。
ドライブの誘いを断った京子。
しかし、猛の誘いも断られてしまった。

その様子を見ていたシンイチに猛は言う。

「男は失恋して失恋していい顔になってくんだ。」

どうやらシンイチも立ち直ったようで一安心の矢的先生でした。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い 面白い

この記事へのコメント

ウルトラファン
2010年06月09日 19:35
UGMの苦情電話の男声は水鳥鉄夫さんみたいです。
影の王子
2010年08月24日 14:22
なかなか不気味な演出でよかったです。
しかし、現在なら「ストーカー怪獣」とか出そう。

この記事へのトラックバック