「ウルトラマンタロウ」第47話「怪獣大将」

冬眠怪獣 ゲラン ゴルゴザウルスⅡ世 登場
画像
画像

冒頭からいきなり疾走する光太郎。
宇宙に怪獣の気配を感じてタロウに変身し飛び立った。
宇宙でゴルゴザウルスⅡ世と戦うタロウ。
画像

神出鬼没の怪獣に踏まれて左腕に大けがを負ったタロウ。
透視光線で怪獣の居所をキャッチ。
画像

逃げようとする怪獣にリング状の光線を投げつける。
画像

ゴルゴザウルスⅡ世は大爆発。体は真っ二つ。
画像

宇宙でのタロウの戦いは誰も知らない孤独なものだった。
ケガをしたことも自分のドジのせいにせざるを得なかった。
一方、ZATは怪獣の気配を察知していた。

パトロール中、光太郎は一人涙する少年を見つける。
彼は健一の同級生・田口君。
彼は勉強も運動も何でもできるスゴイ少年。
剣道では師範にも勝ってしまう。
そんなスーパー少年がなぜ泣いていたのか?

彼はキョウコの悲鳴を聞いて怪獣の子供を殺した。
そして、校庭から親らしき怪獣が出現。
先生と子供たちが体育館に閉じこめられた。
ZATは直ちに出動した。
画像

しかし、むやみに攻撃することはできない。
ゲランは冬眠から醒めたばかりでまた居眠り。
田口君の提案でその好きに逃げ出す子供たち。
しかし、キョウコを負ぶっていた田口君がバケツに躓く。
その音でゲランは目覚めてしまう。
ここぞとばかりみんなから責められる田口君。
お前らに何ができる!健一、見損なったぞ。
それからキョウコもかなり性悪だ。
こんな女ろくな奴にならねえぜ、田口君。
光太郎は校舎にあるトランポリンに決死のダイブ。
田口君は意を決して校庭に出る。
真剣を抜いてゲランの目を刺す。
ゲランは跳ねとんだ刀を踏んで痛がっている。
光太郎はタロウに変身し、ゲランと格闘。
その戦いの中でゲランは冬眠中に巨大化した怪獣と知る。
画像

タロウはウルトラフロストを発射。
画像

ゲランと卵を氷漬けにした。
画像

タロウはゲランを宇宙で冬眠の続きをさせようというのだ。
これって問題の先送り以外の何ものでもないな。
何かの拍子で落ちてきたらどうするつもりなんでしょうか。

田口君は砂山の上に一人佇む。そこへ集まるZAT。
画像

田口君は一人で戦うタロウが好きだという。
大笑いして「さよなら!」と走り去る田口君。
見送る荒垣副隊長の「男だな」の台詞。いいですな。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

タロウファン
2008年09月08日 19:04
確かこの作品がタロウで最高視聴率だったと思います。 子供の頃、勉強ができなくて運動神経が悪かった私は、田口君なんか憧れでした。もしかしたら田口という役名も脚本家田口成光氏からのネーミング?
怪獣好き
2013年12月30日 23:44
物語は田口君の孤独な心と勇気を示してるのでしょうが、最初のタロウとゴルゴザウルス二世との戦いもその伏線を表してるのでしょうね。宇宙でのタロウの戦いも田口君と同じで孤独なものと言いたいのでしょう。それにしても暗くてゴルゴザウルスの姿がハッキリわからないのが残念です。

この記事へのトラックバック