「ウルトラマンタロウ」第51話「ウルトラの父と花嫁が来た!」

再生怪獣 リンドン 登場
画像
画像

怪獣リンドンが現れた。ZATは攻撃開始。
画像

コンドルはリンドンにくわえられてしまった。
脱出は不可能。南原と光太郎は1パーセントにかけた。
コンドルは自爆し、機体を爆破。
炎をバックにタロウが登場!
画像

タロウは手刀でリンドンの首をはねる。
画像

コンドルの自爆でダメージを受けたリンドンはタロウの敵ではなかった。
画像

本部には宇宙ステーションに行った荒垣の後任がいた。
新しく任についた副隊長・二谷である。

そこに内線が入る。
南原の母が幼なじみのタマちゃんを連れてきていた。
タマちゃんの父が亡くなったので嫁にと連れてきたのだ。

死んだはずのリンドンが突如甦った。
怪獣の見物に来ていた南原の母とタマちゃんも逃げ出す。
二人が逃げ込んだビルに座り込むリンドン。
これでは攻撃ができない。
少しずつビルが崩されていく。
スカイホエールにおびき出された隙に救出に向かう2人。
何とか2人を助け出す南原と光太郎。
しかし、リンドンが破壊した陸橋の瓦礫がタマコを直撃。
タロウに変身しようとする光太郎。
タマコを病院へ運べと迫る南原の母。
そのときウルトラの父が現れた。
画像

父の投げた枝がリンドンに突き刺さった。
画像

ヨタヨタと歩を進めた後、大爆発を起こすリンドン。
画像

しかし、重傷を負ったタマコは南原の腕の中で息絶える。

これでは何にもならないではないか・・・

光太郎は心で叫んだ。
それに応えるように再び現れたウルトラの父。

赤く光る冠を投げる。
画像

その赤い光がタマコに照射され、彼女は息を吹き返した。
画像

手を振って去っていくウルトラの父。
画像

そして、南原とタマコの結婚式が挙行された。
画像

最近のドラマでは見られなくなった仏式の結婚式シーンですね。
「横溝正史シリーズ」とかではよく見かけましたが。
最後は脚を痺れさせ光太郎たちもひっくり返りました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い

この記事へのコメント

タロウファン
2008年09月03日 09:55
この話はタロウが番組の前半に登場して、後半は一度も登場しなかったという異色作ですね。他のウルトラシリーズでもあまり例がないんじゃないでしょうか?今回、二谷副隊長が初出演。荒垣副隊長はスキーで骨折し、無念の降板となったようです。前二作の声が違ってますが、アフレコに間に合わなかったんでしょうね。
ウルトラファン
2010年03月15日 19:35
ウルトラの父の、「ウルトラクラウン」で、珠子が、甦って、南原は、嬉しそうでしたね。
かめ吉
2010年03月16日 06:04
嫁さんが生きかえったらそりゃ嬉しいですよ。
怪獣好き
2015年01月15日 12:30
ウルトラシリーズ初のレギュラー隊員の結婚ストーリーでしたね。セブンでも一度、野川隊員の結婚話がありましたが、一話限りの隊員でしたし(サイボーグ作戦)。その後はティガでもありましたね。リンドンはなんか以前の初代マンの時のザラガスみたいで、また一話の中で再生したのはデッパラスと同様のネタでセブンの時のギエロン星獣もそうでした。同じようなネタは繰り返されるものですね。そう言うものは個人的にはあまり好きではないです。新鮮さが無いと言うべきかな。  

この記事へのトラックバック