「ウルトラマンタロウ」第24話「これがウルトラの国だ!」

宇宙大怪獣 ムルロア 登場
画像
画像

ムルロアは水爆実験場「ムルロア環礁」からのネーミング。
ここでは最終兵器「トロン爆弾」の実験星の名前。

トロン爆弾で破壊されたムルロア星。
怒り狂った怪獣がスペースモス(宇宙蛾)と共に地球に飛来。

健一の友達の岩森家は6年生~1年生まで6人兄弟。
ウルトラ6兄弟に準えて呼ばれていた。
しかし、実の子をゾフィーとかウルトラマンとか呼ぶか?
この両親は旅行に出て飛行機事故で突然亡くなってしまう。
突然、両親を失った6兄弟。
録音された母親の声を聞きむせび泣く兄弟たち。

家を飛びだした四郎(エース)を探す光太郎たち。
そこにスペースモスを引き連れたムルロアが出現。
画像

四郎は無事戻ってきた。
そして、夜が明けた。
画像

ZATの攻撃も開始されるがホエールもコンドルも撃墜される。
光太郎はウルトラマンタロウに変身、ホエールを救助。
ムルロアとの戦いが始まった。
溶解液で溶かされるビル。ちゃんと骨組も作り込んでます。
画像

ムルロアは全身から黒煙を吹き出す。
画像

一気に劣勢となったタロウ。激しく鳴るカラータイマー。
そして、ウルトラマンタロウは倒れた。
画像

ムルロアの吐き出した黒煙は全地球を覆い尽くす。
世界は闇に包まれた。
そしてタロウはその姿を隠してしまった。

倒れたタロウをウルトラの母が導く。
「ウルトラの国」に闇から解放するものがある。
兄弟力を合わせて「それ」を手に入れるのです。
画像

光太郎はタロウに変身しウルトラの国に向かって飛び立った。
画像

この背景の効果は「ファイヤーマン」のオープニングですな。

タロウはラビドッグに迎えられた。
画像

灼熱の炎が燃えさかるウルトラタワー。
画像

タロウの眼前には懐かしい故郷・ウルトラの国。
画像

果たしてウルトラの母が語った「地球を闇から救うモノ」はどこに?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

タロウファン
2008年09月03日 11:04
この岩森兄弟の父親役は脚本家の石堂氏ゲスト出演です。タロウはこうした意外なゲストが登場するのが特色です。意外なゲストを見つけるのもタロウの楽しみ方の一つです。しかしかめ吉さんのコメント通り家族をウルトラ兄弟で呼ぶのはちょっと… 冒頭を見る限りはセブンのギエロン星獣の話を彷彿させる内容でしたが…
エースだいすき
2009年08月05日 17:38
今回は核実験の廃絶を訴えた話です。怪獣の由来も核実験があった場所だそう。あと子供をウルトラ兄弟で呼ぶのは勘弁です。特に末っ子の子は女の子なのにタロウですから。
ウルトラファン
2010年03月20日 14:28
これがウルトラの国だ! いいタイトルですね。
かめ吉
2010年03月21日 18:31
ムルロア環礁ですね。
いきなりよその星を破壊したらイカンということですな。
かめ吉
2010年03月22日 14:14
>これがウルトラの国だ! いいタイトルですね。

タイトルの誤記をさりげなく指摘していたたぎ、ありがとうございました。
ジャック世代
2013年03月30日 01:15
この作品をリアルタイムで放映していた時期に小学館学習雑誌では川崎のぼる先生の「てんとう虫の歌」を連載していました。あの漫画の中の七人兄弟姉妹も飛行機事故で両親を突然失うという悲劇に襲われるのですよね。だからと言ってパクりだなんて決めつける気には全くなれませんね。どんな時も助け合って生きるのが兄弟姉妹。これは川崎先生、脚本の田口成光先生、山際永三監督の切なる願いでしょうからね。ちなみに「てんとう虫の歌」の作品の中でも「ウルトラマンタロウ」が2回程ネタに使われてたと思います。

この記事へのトラックバック