「ウルトラマン」第39話「さらばウルトラマン」

画像

宇宙恐竜 ゼットン 変身怪人 ゼットン星人 登場

ああ、ついにウルトラマンも最終回。
長かったような、短かったような。

地球に迫る謎の円盤群。
あと40分後に大気圏に突入する。

「目標は地球の二大国だと思うね。」
「侵略だとおっしゃるんですか。」
「間違いないね。
 空飛ぶ円盤は1930年以来頻繁に地球に現れている。
 あれは偵察に来てたんだ。
 だが今度の場合、スケールから言っても単なる偵察ではない。」
「地球総攻撃・・・。」
「敵は40年間もそのチャンスを狙っていた。」

岩本博士のセリフから現在が1970年代だとわかります。
ジャミラが死んだのが1993年。
ゴモラが現れたのは大阪万博直前の1967年頃。
設定年代がこれだけブレてるのに突っ込まれないのもスゴイね。

円盤群は大気圏に突入した。
先制攻撃を主張するアラシとイデ。
その間に円盤群は日本に向かって来ていた。
彼らの目的は日本科特隊支部及びウルトラマン撃滅と判明。
科特隊は出動した。
ハッと思い立つ岩本博士。

「しまった!昨日完成した新兵器を持ってってもらうんだった。」

ああ、岩本博士のうっかりミスがなかったら・・・。
このうっかりミスが科特隊本部の破壊を招き、ウルトラマンも犠牲に。
偉そうにラストで「見たまえ。」もないもんだ。

岩本博士は途中で宇宙人に襲われてしまう。
博士の姿になった宇宙人はフジ隊員の首を絞め、計器を破壊。
科特隊本部は炎に包まれた。

科特隊は円盤群はほとんど撃滅。
一機だけ取り逃がした。

ああ、この一回り大きい一機を取り逃がさなかったら。
というか、逆にコイツだけでもやっつけていたら・・・。

逃げ出す「岩本博士」。
アラシが殴りつけるとゼットン星人の姿に。
マルス133で宇宙人を撃つハヤタ。
「ゼットン・・・ゼットン・・・。」断末魔に叫び倒れる星人。

やがて地面を割って現れた円盤。
青い風船(球)が大きく膨らみ爆発するとゼットンが現れた。
マルス133も歯が立たない。
本部の中から岩本博士の救助を求める通信が入る。
アラシとハヤタが救助に向かう。
ハヤタは間に合わないと見たかウルトラマンに変身。

ウルトラマンとゼットンの死闘。
八つ裂き光輪もゼットンシャッターで粉々にされてしまう。
首を絞めるゼットンを払いのけスペシウム光線!
画像

しかし、ゼットンに吸収されてしまう。
画像

ゼットンはカラータイマーに波状光線を撃ち返す。
画像

カラータイマーを破壊されたウルトラマンは静かに倒れた。
画像
画像

ウルトラマンの死を確認したゼットンは科特隊本部を破壊する。
画像

岩本博士の持ってきた新兵器でゼットンは大爆発。
科特隊の勝利だ。本部の消火活動開始。
そのとき、上空から飛んできたもう一人のウルトラマン。
彼の名は宇宙警備隊員ゾフィ。
画像

「地球の平和は人間の手で掴み取ることに価値がある。」
画像

ウルトラマンを収監するのがゾフィの使命だった。
ゾフィはなぜか命を二つ持ってきていた。
ひとつはウルトラマンのため。
もうひとつの命は?
話の流れから判断するとハヤタのためではなかったようだ。
ウルトラマンの話を聞いてハヤタのために使ったのだから。
とすればご自分用?

まあ、それならそれでもいいや。

ともあれウルトラマンとハヤタの身体は分離された。
二人にそれぞれの命が与えられたのだ。
でも、ハヤタに与えられたのもウルトラの命だったのでは・・・。

ハヤタはこの間の記憶をなくしていた。
つまり、一心同体になっていてもウルトラマンが主導権を握っていた。
ハヤタの行動パターンを脳の記憶から読み取っていたのだろう。
やけに堂々と「地球での名はハヤタだ」と言えると思ったよ。

ウルトラマンは光の国に帰っていった。
画像

全国の子供たちがみんな、窓を開けて空を見上げたという。
きっと子供たちの目にはウルトラマンが見えたに違いない。
そして、夕空に輝くウルトラの星もきっと・・・。

ついにやり遂げました「ウルトラマン」レビュー。
50話レビューした「メビウス」より疲れました、正直。
やはり本放送を見ていない私にとっての「聖域」でしたから。
先輩諸氏にはご不満もおありでしょうが、笑って許して下さい。

これまで見て下さった皆さん。ありがとうございました。
みなさまの温かいコメントに勇気づけられここまで来ました。

これからもよろしくお願い致します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス

この記事へのコメント

タイガーです(o`・ω・)ゞ 敬礼♪
2007年04月24日 07:31
かめ吉さん、レビューご苦労様でした!(o`・ω・)ゞ 敬礼♪ 私の方は途中でダウンしたりしましたが、かめ吉さんの頑張りには脱帽です(o`・ω・)ゞ 敬礼♪

ファミ劇では5月から新シリーズが始まりますが、又よろしくお願いいたします!
2007年04月24日 09:32
お久しぶりです。
お疲れ様でした。
うちのブログは、しばらく休業です。
「故郷は地球」「まぼろしの雪山」など、真剣に書かないといけないストーリーも多いですから、パワーアップして帰ってきます。
BlogPetのくまこちゃん
2007年04月24日 13:29
きのうはここまで変身したいです。
きょうくまこちゃんはゼットで変身しなかったよ。
ゼットと宇宙は登場しなかった。
ここまでゼットとここにゼットの恐竜変身すればよかった?
きょうくまこちゃんはここへゼットと変身したの?
http://www.blogpet.net/profile.php?id=f1de23b8765214d501e3c49609af6d82
かめ吉
2007年04月26日 22:21
>タイガーさま
なんだかホッとしてしまいました。
「Q」も「マン」も終わってしまい脱力です。
気を取り直して5月に備えます。
あ、「エース」の最終回が残ってた。
かめ吉
2007年04月26日 22:22
>義豊さま
ありがとうございます。
復帰をお待ちしています。
マック&シュンカナ
2007年05月11日 06:06
はじめまして。BLOGにまだ慣れておらず自分の更新するだけで精一杯!
本日はじめて拝見させていただきました。
私はウルトラマン本放送の時はまだこの世にいないので、再放送や雑誌でしか世界観を知りえていません。「子供達が窓から手を振る」といううのも、確認しておりませんが、自分が5歳ほどのとき(再放送時)もやってる子はいました。
今度はファミ劇で「セブン」「タロウ」が始まっています。楽しみにしていますので・・・
かめ吉
2007年05月15日 14:09
>マック&シュンカナさま
はじめまして。
私も初見は再放送ですから確認してはいません。もはや「伝説」と行ってもいいかもしれませんね。
ぎり
2011年07月01日 19:52
はじめまして、ぎりと申します。

ネットをさまよっていたらこのブログを発見しました。

実に素晴らしい!
リアルタイムで見ていたものも、そうでないものも少年時代の胸熱くTVに声援を送っていた気分にさせてくれる内容でした。

またゆっくり拝見させていただきます。
かめ吉
2011年07月01日 22:01
>ぎり さま
はじめまして
あまりレスなどは出来ませんが、ごゆっくりご覧ください。

この記事へのトラックバック