「ウルトラマン」第36話「射つな!アラシ」

変身怪獣 ザラガス 登場

新しくできた児童会館を訪問したムラマツ・アラシ・フジ。
その会館は屋上にドーム状の屋根を持ち中はまるで屋外。
屋根付きでありながら太陽光線を人工的に作っているのだ。
ハイテクを駆使したテーマパークのようなものだ。
不気味な地鳴り。そして「空」が割れた!
画像

ヤプールより早かったですねえ。
そして、強烈な光が!所員が目をやられた。
6000万カンデラの光で網膜をやられたのだ。
光は消えた。しかし何が起こるかわからない。
科特隊はパトロールをすることになった。
QXガンの完成まであと一歩というイデ。
4年間の研究が実るのだ。
パトロール中のアラシとフジは例の光を目撃。
そして赤い煙の中から怪獣ザラガスが現れた。
アラシは攻撃するが光を浴びて目をやられる。
フジの連絡で応援にやってきたビートル。
「ウルトラ十文字作戦」で一度は倒したかに見えた。
しかし、ザラガスはより凶暴になって復活。
そして突然の攻撃中止命令。
アラシは猛り狂う。
ザラガスは攻撃を受ければ受けるほど守備力が増大する。
「命令はあくまでも守らねばならん。」
児童会館に子供が閉じこめられている。
科特隊に救援要請がきた。
「子供の救出が目的だ。怪獣には絶対手を出すな。」
ザラガスは児童会館脇でグーグー居眠り。
画像

ハヤタとアラシは児童会館に入り子供たちを捜す。
全員屋上で倒れていた。
児童会館にザラガスが迫る。
アラシは囮になってハヤタが子供たちを連れ出す。
光を浴びて目をやられるハヤタと子供たち。
「キャップ!許して下さい!!撃ちまーすっ!!!」
アラシは命令違反をしてQXガンでザラガスを撃ってしまう。
しかし、ザラガスは倒れず児童会館は破壊された。

「科学特捜隊員の資格を停止する。
流星バッジを剥奪されるアラシ。
「次の命令があるまで謹慎せよ。」
「はい。申し訳ありませんでした。」
去っていくアラシ。
「命令違反は見逃すことはできない。」
病院のハヤタたちを見舞うアラシ。
何か異変を感じるハヤタ。
アラシはビートルで出撃する。
「オレはもう隊員じゃないんだ。勝手に攻撃するぜ。」
「ムチャをするのは弱い人のすることよ!」
フジ隊員の声が頭の中を駆けめぐる。
アラシはビートルでザラガスに突っ込む。
その通信を聞いていたハヤタは制止を振り切り病室から駆け出す。
見えない目のまま変身するハヤタ。
ウルトラマンになると見えているようですな。
ウルトラマンはビートルを救出しザラガスと対峙。
馬乗りになったところで6000万カンデラを喰らう。
この手前の影、見覚えがありますな。
扇風機のカバーですね。
画像

失明は免れたもののよく見えないようです。
画像

アラシはQXガンをザラガスに叩き込む!
視力が回復したウルトラマンはスペシウム光線!
画像

さしものザラガスも絶命。
アラシの活躍でウルトラマンも窮地を脱したのだ。
キャップはバッジをアラシに与えた。
「科特隊の誓い」第4条の復唱を命じるキャップ。

「科学特捜隊員は命令を守り命令に従って行動し、
 自分に与えられた責任を果たします。」

涙を浮かべながら何度も何度も復唱するアラシ。
その胸には科特隊の証・流星バッジが輝いていた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

ブラッド
2013年01月30日 14:48
アラシ隊員が最後に一生懸命反省している姿は美しいと思います。ムラマツ隊長の責任の取らせ方素晴らしいと思います。このシーンで今でも泣けます。

この記事へのトラックバック