「ウルトラQ」第23話「南海の怒り」

大ダコ怪獣 スダール 登場

美しい夕焼けが闇に変わった。
そのとき、漁船「第5太平丸」を襲った巨大なタコ。
SOSと共に漁船は沈められていった。

ここはミクロネシアに点在する島の人々から
「死の海」と呼ばれる海域であった。
だが、恐れを知らぬ漁師たちはタブーを笑い、
勇敢にも「死の海」に漁場を求めて言ったのです。


乗組員の青年・雄三はコンバス島に流れ着いた。

万城目と一平は承諾したが由利子は不服そう。
通訳の南氏も同行して結局行くことに。

発見した島の娘アニータに介抱される雄三。
それを嫉妬深く見つめる男。

回復した雄三にいきなり殴りかかる島の男。
太鼓の音に突然そこから離れた。
そして到着する万城目たち4人を乗せたボート。
岩陰からは島民が警戒して見つめている。

しばらくすると手に武器を持った島民がぞろぞろ。
協力を要請するがどうもうまくいかない。
「スダール!スダール!」
その叫び声に島民は右往左往。
大ダコ・スダールが子供に迫る。
万城目はスダールから間一髪子供を助け出した。
その行為により、島への滞在を許された4人。

スダールは外敵の侵入を防いでいる。

アニータはそう信じていて、スダールの巣を教えない。
雄三はアニータを説得する。日本語で・・・orz。
そんなんで通じるのかっ!

つ、通じたぞ・・・なぜか・・・。

大ダコを必ず倒すのならと居場所を教えるアニータ。
万城目と一平はその場所に向かった。
航空隊も現場へ向かった。

夜になって戻った万城目と一平。
留守の間に由利子・南・雄三・アニータが捕まっていた。
火あぶりになる直前、航空隊の攻撃が始まった。
そのスキに4人を助ける万城目と一平。

攻撃に怒ったスダールはコンバス島に上陸。
応戦する雄三・アニータ・万城目・一平。
スダールは絶命した。

このシーンでは「キングコング対ゴジラ」の映像を挿入。
これは本物のタコを使った有名なシーンです。
スダールは「フランケンシュタイン対地底怪獣<海外版>」や
「サンダ対ガイラ」に登場した大ダコですな。

雄三はコンバス島に残る決意をした。
彼の武勇伝掲載を約束して万城目たちは島をあとにした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ウルトラファン
2010年01月29日 21:29
コンパス島に漂着して、アニタ(演じたのは寺田農さんと結婚した高橋紀子さん)とその幼い弟タラーに助けられスダールに襲われ死亡したジラーと対決した第五太平丸の船長の息子・雄三は「怪獣島の決戦ゴジラの息子」や「怪獣総進撃」などにも出演した久保明さんでしたね。
かめ吉
2010年01月30日 09:41
この辺は東宝がらみの俳優さん続出ですな。円谷プロの成立過程をみれば、まあ、当たり前といえば当たり前ですが。
ウルトラファン
2010年04月19日 20:03
スダールの名前の由来って、やっぱり「酢ダコ」なんですね。雄三は、アニタと、結婚したんでしょうね。
かめ吉
2010年04月19日 20:22
そうですね。

この記事へのトラックバック