「ウルトラマンA」第41話「怪談!獅子太鼓」

邪神超獣 カイマンダ 獅子超獣 シシゴラン 登場
画像
画像

今回から「冬の怪奇シリーズ」です。
カイマ様にひたすら祈る真太の父親。
めでたい獅子舞に乱暴するような世間の奴らに罰が当たるように。

かくれんぼの最中にダンが見たお獅子。
真太の父は獅子舞の名人。
酔っぱらいに投げ飛ばされ足をケガしたのだ。
真太たちはお獅子で超獣ごっこを始めた。
その場所で微かな超獣の気配がある。
北斗と美川が調査に向かうがそんな様子はなかった。

そして、真太の被ったお獅子が取れなくなってしまった。
獅子の目が赤く輝き真太の父が操られる。
真太の父が太鼓を叩くと獅子は巨大化。
超獣シシゴランとなって町を破壊し始めた。
画像

太鼓の音を追う北斗の前に今度はカイマンダが出現。
画像

カイマンダの火炎攻撃とシシゴランの眼光が北斗に迫る。
画像

北斗はウルトラマンエースに変身しシシゴランを投げ飛ばす。
すかさずエースはカイマンダの後光の火を消す。
画像

そのまま後光を剥ぎ取った。弱いぞカイマンダ。
画像

しかし復活したシシゴランとの挟み撃ちにエース苦戦。
久々のパンチレーザーがカイマンダにヒット。
画像

トドメのグリップビーム発射された。
画像

粉々に砕け散るカイマンダ。
画像

普通はこれでおとなしくなるのが常道だが・・・。
・・・シシゴランはまだ暴れている。
真太の父がまだ太鼓を叩いているからだ。
体内に真太がいるためエースも攻撃できないでいる。
カラータイマーが点滅を始めた。危うし、エース!
こんなヤツにやられていいのか!?
竜隊長は父の叩く太鼓をタックガンで破壊した。
呆然と座り込む真太の父。
シシゴランの体内にまだ真太はいるがエース反撃開始。
これも久々、フラッシュハンド。
画像

シシゴランを叩きのめして。
画像

トドメのメタリウム光線。
画像

シシゴランは姿を消し、真太も無事。父も正気に戻った。

最後はTAC本部で獅子舞を披露。これで今年も安心だ。
画像


2月18日(日)は「ウー祭」
19:30から放送の「ウルトラマン」。
第30話「まぼろしの雪山」で伝説怪獣ウー(初代)登場。
20:00から放送の「ウルトラマンA」。
第42話「神秘!怪獣ウーの復活」で伝説怪獣ウー(2代目)登場。

1時間で2回ウーが見られます!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

マン
2007年02月16日 07:44
すごいな。シシゴラン、カイマンダを倒した技は「グリップビーム」ですよ。
ウー祭りですか。良いですね。
って言うか2代目は怖いです。
かめ吉
2007年02月16日 22:53
>マンさま
グリップビームでしたか。
ご指摘ありがとうございます。
記事も書き直しておきますね。

ウーは初代は母親、2代目は父親の化身ですからねえ。怖いわけだ(違)
天神南28号
2007年02月18日 10:32
最近はとんと獅子舞を見る機会がありません。
旧正月を前に、獅子舞を見ることが出来まし
たので、遅まきながら魔除けになりそうです。
安倍なつみファンのつるやん
2007年02月18日 11:18
北斗隊員と美川隊員がタックパンサーでパトロールしている風景が見られ、真太クンが獅子から抜けられなくなり、ウルトラマンエースがハンドフラッシュとメタリウム光線で真太クンを元に戻して助けたのが最高です。安倍なつみさんと飯田圭織さんがタックの隊員であれば、安倍なつみさんが北斗隊員、飯田圭織さんが美川隊員と同じことをしていますね。2月17日放送のウルトラマンメビウスの最後の場面でウルトラマンエース、北斗隊員と南隊員を見ました。ウルトラタッチが見たいですね。安倍なつみさんと安倍麻美さんがウルトラタッチでウルトラマンエースに変身する夢をずっと見ますね。ウルトラマンエースがハンドフラッシュとメタリウム光線でシシラゴンを倒したのが、第30話のレッドジャック以来ですね。
かめ吉
2007年02月18日 16:24
>天神南28号さま
ホントに見なくなりましたね、獅子舞。
TAC本部では美川隊員をカミカミしようとしてました。あの親父獅子(笑)
かめ吉
2007年02月18日 16:26
>つるやん さま
レッドジャック戦でのフラッシュハンド以来、円谷ヒーローはよく使うようになりました。
ウルトラファン
2010年02月16日 20:52
真太の父は、堺左千夫さんでしたね。
ウルトラファン
2010年02月16日 20:54
あ、新太でした。
かめ吉
2010年02月17日 05:27
いちいち訂正はしませんのでどうでもいいですよ。

この記事へのトラックバック