「ウルトラQ」第18話「虹の卵」

地底怪獣 パゴス 登場

濃縮ウランを積んだトラック。
まったく放射能対策なしですな。
原子力発電所に濃縮ウランを運んでいます。
作業員の身体と環境への影響が懸念されますな。
タケの花を発見した。
運転手は縁起が悪いと捨てていった・・・。

そのトラックの行く手に崖崩れ発生。
崖を割って現れたのは地底怪獣パゴス!

その花が咲けば禍のしるし。
つまりとんでもない悪い大事件が起こると、
昔から言い伝えられているサザメダケ。
真っ白な花が咲いた時の話です。


パゴスはトラックを火炎で破壊。
濃縮ウランは崖から転がり落ちた。
運転手も崖から転落。パゴスは姿を消した。

大好きなおばあちゃんのためにたけのこを探す「たんぽぽ団」。
ササメダケの花と虹の卵を手に入れると願いが叶うという。
勇んで探しに行く「たんぽぽ団」の子供たち。
しかし、虹の卵は虹を見た子供の心の中に産まれるもの。
タケの花はやはり不吉の印なのだった。

発見された運転手たち。
一人はショックで精神に異常をきたしていた。
彼は金色の虹を見たという。
そしてまた地鳴り。
由利子は上空に金色の虹を見た。

数年前パゴスは北京に現れ、ウランの貯蔵庫を襲った。
分子構造破壊光線を吐くと人間の目には金色の虹に見える。
ニュートロンの権威・糸魚川博士の報告だった。
糸魚川博士は原子力発電所でパゴスのものと確認。
ネオニュートロンミサイル到着まであと30分。

虹の卵を探す「たんぽぽ団」の目前にパゴスが出現。
石を踏んで転んだりリアルな動き。さすが中島春雄師匠。
パゴスは濃縮ウランのカプセルを狙っている。
子供たちはそれを「虹の卵」と思って運ぶ。
後を追うように接近するパゴス。
転がって穴に落ちるカプセル。ピー子も中へ。
パゴスは頭上を通過して原子力発電所へ。
パゴスは分子破壊光線で施設を破壊し続ける。

ネオニュートロンはパゴスの身体を風化させる。
しかし、ウランカプセルの誘爆が懸念される。
子供たちの情報でウランカプセルの位置を確認。
パゴスから1500メートルということで攻撃開始。
パゴスの身体は一瞬で風化し崩れ落ちた。

そして、金色の虹は消えた。

ウランカプセルを運ぶピー子の前でおばあちゃんが歩いた。
ウランカプセルはやはり「虹の卵」だったんですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

怪獣好き
2014年01月04日 19:28
パゴスの冒頭のドアップ画像はいくらモノクロとはいえども強烈でした。関係ないですがピーコと聞いてすぐにお化けのQ太郎やタレントのおすぎを連想してしまいました。すみません。

この記事へのトラックバック