「ウルトラマン」第28話「人間標本5・6」

三面怪人 ダダ 登場。

奥多摩の日向峠で相次ぐバス事故にムラマツとイデは調査に出発。
事故はちょうど正午に発生していた。
東京発小河内行きのバスが正午に日向峠を通過するのだ。
そして二人の乗ったバスもいきなり崖から転落。

ムラマツキャップが目を覚ますとサングラスの女と二人だけ。
救助隊もいなければ遺体もない。
実は二人以外は既に救出されていたのだ。
ムラマツが戻ると女は一人で前を歩いていた。
この先には「宇宙線研究所」があるだけだった。
キャップはあとを追跡。
その頃イデは足を骨折して病院のベッドの上。
その病院にたどり着いた宇宙線研究所員。
一週間前、突然宇宙生物「ダダ」に占領されたというのだ。
そして、彼は姿を消してしまった。
「ダダ271号」は研究所員4人を標本としていた。
ダダ時間222までにあと2人を標本にしなければならないらしい。
ヒラは辛いねぇ。
上司は命令してふんぞり返ってりゃいいんだから楽だ~ね。

研究所にさっきのサングラスの女がやってきた。
彼女はアキカワ二官。資料を取りに来たのだった。
アキカワは机に「SOS DADA」の文字を見つけた。
襲いかかる研究所員。
間一髪、ムラマツキャップが椅子攻撃とスーパーガンで撃退。
姿を消したダダが二人の行く手に現れた。
しかし、ミクロ化機が故障していて難を逃れた。

このダダとのチェィスは、結構怖いぞ。
姿を消してホッとしたら後にいたり。

キャップからの連絡を受けたハヤタはウルトラマンに変身。
現場に急行した。
ウルトラマンを遊撃せよ、という命令で巨大化する271号。
空中で接触してなんだかフラフラ。
後に現れても「ダ~ダ~」っていったら意味無いジャン。
レッグシザーズ・ヘッドバッド・ボディブロー・アッパーカット。
顔代えて羽交い締めにするがフライングメイヤー。
さらに首を足で締め上げるウルトラマン。
ほとんど一歩的にボコられたあげくスペシウム光線。
哀れ、271号は顔面に大やけどを負った。
「ダメだ。ウルトラマンは強い。」
「人間標本5・6、2体。至急回収して転送せよ。急げ。」

というわけで271号クンは二人を追いかける。
ムラマツキャップに蹴られつつ。
屋上から、足を払われて転落したり。
追いつめたと思ったら今度はキャップたちが落下。
ウルトラマンに助けられてしまった。
ヤケになったのかウルトラマンにミクロ化機を発射。
自分がでかくなるが、ウルトラマンも難なく巨大化。
またバックを取ったのに「ダ~ダ~」でぶち壊し。
トラースキックをアゴに浴びてもんどり打って倒れた。
姿を消して空に逃げるがウルトラ眼光で発見される。
最後はスペシウム光線を浴びて墜落していくダダ。

現場に到着したアラシたちだったが時既に遅し。
ウルトラマンがすべて解決したあとでした。

あれ、イデ隊員はほったらかしですか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

面白い 面白い 面白い
ナイス
かわいい

この記事へのコメント

クネス
2013年01月18日 22:27

この話のムラマツキャップは強かった(笑)

足を払われて落ちるシーンで笑いました

しかし

スペシウム光線を顔面にくらって火傷だけで済むって…意外とタフ!?
怪獣好き
2015年08月01日 13:58
近年、ダダはタレント化しているそうですね。広告に出たり、バラエティー番組に出たり、某缶コーヒーのCMでタモリさんと共演したり。もしかしたらウルトラマン以上に人気かも?とてもこの回からは想像できませんね。それにしてもこの回のダダは不気味なだけで弱すぎなのが残念です。そしてアキカワ役の田原久子(現・荒砂ゆき)さんはQの「ゴーガの像」の時もミステリアスな役どころでしたね。現在も女優活動をされておられるのか?個人的ですが気になります。

この記事へのトラックバック