「ウルトラマンA」第37話「友情の星よ永遠に」

鈍足超獣 マッハレス 出現
画像
画像

スピードの追求を続ける男・鹿島。
彼は北斗の中学高校の同級生。
音速を超える車の開発を一番よい条件で売るつもりなのだ。
鹿島を訪ねた北斗。旧交をかわす二人。
彼は孤児だったが、北斗は分け隔てなく接していた。
そこに現れた女性を鹿島は避けているようすだった。

そこへ超獣出現の報が入る。
超獣マッハレスは新幹線と旅客機を破壊。
TACはみすみすマッハレスを逃がしてしまう。

鹿島の自宅にはあの女性がいた。
しかし、鹿島はその女性を冷たく扱う。
鹿島の自宅を訪れた北斗はその女性と出会う。
鹿島と会った北斗は変わってしまった彼に愕然。
本部からの連絡で鹿島の元を去る北斗。
マッハレスは超スピードで動く物が発する音に興奮する。
関東地方に移動中の超獣が次に狙うのはレースカーでは?
北斗の予想通り鹿島の研究施設に現れるマッハレス。

鹿島は設計図を取りにオフィスに戻る。
鹿島を追う女性。マッハレスが迫る。
ケガをした鹿島の代わりに設計図を守る真由美。
間一髪、北斗はエースに変身し二人を助け出した。

タックスペースがマッハレスの気を引いているスキに倒してくれ。

竜隊長が心の中で呟く。
ここで「TACの歌」歌入りが流れる。
マッハレスの光線をまともに食らってピンチのエース。
画像

ここで「ウルトラマンAの歌」が流れる。
背中の大きな「背びれ」をもぎ取ります。
画像

クロスビームがマッハレスの頭に命中!
画像

続いてスターショットで動きを止めて、
画像

メタリウム光線!
画像

おっとマッハレスは爆発しません。
「超獣=超兵器」じゃなくて単なる「怪獣」なんじゃ・・・?
首尾よくマッハレスを倒し、竜隊長はエースに敬礼。
画像

設計図を水に流す鹿島。そして、真由美の大切さを知った。
北斗の友情と真由美の愛情が鹿島の心を開いたのだ。

人々は再び、新幹線の旅を楽しめるようになった。
ウルトラマンエースのヒューマンな行為に感謝しながら。
(↑ちょっと謎なナレーション)

いよいよ次回、父&夕子さん復活!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

安倍なつみファンのつるやん
2007年01月19日 21:57
北斗隊員の友人で鹿島は、いつもカバンの中に入っている設計図を持ち歩いて真由美さんが現れると逃げたり冷たいことを言って自分の設計図で金と名誉のことしか考えていませんでしたね。マッハレスが現れると新幹線と飛行機が破壊され、もし航空自衛隊の戦闘機が飛んでいれば破壊されていましたね。マッハレスが鹿島の研究施設のレースカーが破壊されてから、研究施設に現れて、研究施設にいる人々が逃げて鹿島が設計図の入ったカバンを忘れて取りに向かって真由美さんが鹿島の後を追って北斗隊員がウルトラマンエースに変身してその2人を助けましたね。ウルトラマンエースがマッハレスをスター光線とメタリウム光線で倒してから鹿島が設計図を水に流して「真由美が大切だ」と言い、北斗隊員は、静かに見送っていましたね。安倍なつみさんがタックの隊員だったら、マッハレスが現れる前に研究施設に到着してウルトラマンエースに変身してマッハレスを倒していますね。次は、南隊員が帰ってきますね。楽しみにしています。
かめ吉
2007年01月22日 22:18
>つるやん さま
南夕子さん復活。
しかし、2分弱でセリフなし。
夕子さんの声は52話までお預けです。
安倍なつみファンのつるやん
2007年01月23日 21:37
またまた、すみません。
北斗隊員の友人鹿島の研究施設に北斗隊員が向かってマッハレスが現れる前に、全員非難させてウルトラマンエースに変身して倒していればと思いました。安倍なつみさんがタックの隊員だったら、研究施設に向かって全員非難させてマッハレスが現れれば、ウルトラマンエースに変身して倒していますね。鹿島は、マッハレスが現れる前に最初から大事な設計図の入ったカバンを持っていけばと思いました。
かめ吉
2007年01月23日 22:57
>つるやん さま
いくら非常時とはいえ、あれだけ大事にしている設計図入りのカバンを忘れるなんて、うっかりし過ぎですな。
天神南28号
2007年01月25日 22:54
新幹線破壊のシーンといえば
マグマ大使第2話でのシーンが
印象深かったのですが、エース
では高架橋だったのですね。

マッハレスが俊足超獣だったら
もっと苦戦していたかもしれませんね。
かめ吉
2007年01月26日 22:16
>天神南28号
新幹線破壊シーン。
なかなか円谷はやりませんから貴重です。
俊足怪獣ならそもそも現れなかったかも。
この設定ならサウンドギラーでもできます。
だんじろう
2007年04月03日 18:24
何も、設計図を水に流さなくても良かったと思うけど・・・
まあ、演出だからいいか。

それにしても”鈍足”超獣って・・・
ネガティブな特徴を言葉に使うケースは珍しい。
「短足宇宙人」とかだったらかっこわるい。
「ひばく星人」もこんなかんじなのかな
かめ吉
2007年04月03日 21:48
>だんじろう さま
コメントありがとうございます。

「鈍足超獣」はクレジットされている以上円谷プロの「公式発表」です。
「ひばく星人」は円谷の関係者は誰一人言っておらず、小学館が雑誌掲載(怪獣カードだったかな?)の際につけたもので「非公式」なものです。
確か、「公式」には「吸血怪人」か「吸血宇宙人」だったような・・・。

従って、私は同じケースではないと考えています。
ウルトラファン
2010年03月16日 15:42
鹿島は、真弓が、好きで好きで、たまらなくなって、設計図を、川に流したんだと思います。
かめ吉
2010年03月17日 06:12
そうかもしれませんね。

この記事へのトラックバック