「ウルトラQ」第13話「ガラダマ」

ロボット怪獣 ガラモン 登場

少年が発見した「隕石」。
隕石にしては軽すぎるその物体。

その頃、各地で電波障害が起こっていた。
太陽黒点活動によるデリンジャー現象とは違う。
原因がわからず研究施設は躍起になっていた。

その物質はガラス状結晶体・チルソナイト。
宇宙人の手による合金である。
チルソナイトは極小短波を発進していた。
その発信先は・・・。

一ノ谷博士と万城目と一平は発見地・弓ヶ谷へ。
弓ヶ谷では隕石を「ガラダマ」と呼んでいるという。
熊谷ダムに沈んだ故郷を見に来た2人の女性。
遊覧船でダムを航行中。
そのダムに巨大な火を吹くガラダマが落下した。
ダムの水は溢れ、洪水を起こした。
船は高波で崖に運ばれてしまった。

高熱を発するガラダマは水を干上がらせていた。
一ノ谷博士は同じ「チルソナイト」だという。
3人の眼前でガラダマがひび割れ始めた。
そして、中から奇怪なモンスターが出現。
研究所のチルソナイトは電波を発しはじめた。
ひょこひょこコミカルな動きのモンスター。
万城目と一平は2人の女性を救助。

由利子は怪電波が怪物を操っていると推理。
電子頭脳を先に送り込み、モンスターを送り込んだ。
その目的は「地球侵略」なのか。
モンスターはヘンテコな動きをし始めた。
チルソナイトがいじられていたからだ。
モンスターはダムの方向へ進み始めた。
電子頭脳の方向・東京を目指しているらしい。
電波の波長が変わると方向を変えた。

電波を遮断する電波遮蔽網がかけられた。
電波が止まり、モンスターは口が液体を出した。
静かに瞼を閉じ、その場に倒れ込んだ。

これでモンスターの地球侵略が、
終わったのではありません。
たとえ、電子頭脳を破壊したとしても、
遊星人は第2第3の挑戦を
仕掛けてくるかも知れないのです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

ウルトラファン
2010年03月27日 13:31
ガラダマを発見した少年・守は中尾隆聖(当時は、南谷智晴)さんで、守の友人・満(2人のどっちか)が、古谷徹さんです。
かめ吉
2010年03月27日 16:56
そうらしいですね。1953年生まれの古谷氏は放映当時12歳くらいでしょうか。
怪獣好き
2014年01月07日 14:39
ガラダマが河川に落下して河川の水がなくなた時、過去に水没した町並みが姿を現さないのが不思議ですし、船が打ち上げられた後で2人の女性は助けられたのはいいが、船主(操縦士)さんはどうなったんだろう?とか思ってしまいました。

この記事へのトラックバック