「ウルトラQ」第8話「甘い蜜の恐怖」 

モグラ怪獣 モングラー 登場

空から貨物機関車の様子を見ていた淳と一平。
突然地面が盛り上がり列車は脱線した。

木村が開発したハニーゼリオン。
もうすぐ学会で発表される予定になっていた。
その開発で使っていたヂバチの巣が何者かにやられた。
このハニーゼリオンによって巨大化したハチ。
ローヤルゼリーの何百倍もの効力があるらしい。

今度は村で地面が盛り上がる現象が起きた。
中から現れたのは巨大なモグラ。
10日前にヂバチの巣を荒らしたモグラが巨大化したのだ。

農場試験場への風当たりが強くなっていった。
「牛や馬は喰われる」
と農民が言っていた。モグラが牛や馬を喰うのかね。
まあ、でかくなったから喰らうかもね。

由利子はハニーゼリオンの密閉室を調査をしていた。
モグラが入った穴は人為的にハンマーで開けたものだ。
誰かがわざとモグラを入れ、騒動を起こしたのだ。

伊丹は木村を責める。
しかし、吾作じいさんは見ていた。
温室に侵入してハンマーで穴を開け、出てきた伊丹を。
伊丹は叫びながら逃げ出した。その頃、巨大モグラが出現。
伊丹は洞窟に逃げ込んだ。

伊丹は、木村の成功に対する嫉妬だという。
自分の始末は自分でつけるとダイナマイトでモグラと自決?
瀕死の伊丹は木村に告げた。
彼は愛子さんを愛していたのだ。
欲しいものが手に入らなかった彼は嫉妬からこんな恐ろしいことを・・・。

結局、モグラは死なず、穴からノコノコ出てきた。
防衛軍の攻撃で沈む巨大モグラ。
さらに富士火山帯に属していたため火山が噴火、溶岩が噴出。
巨大モグラは火山地層に衝突、巣ごと溶岩で焼かれた。

 小さな心の歪みがこういう事態を引き起こさないとも限らないのです。
 なぜなら、アンバランスゾーンはあなたの身近に。
 いや、あなた自身の心の中に存在するのです。


最後の噴火シーンは『ラドン』のラストを思い出しました。
『ラドン』の時は炎で焼かれるラドンが哀れでした。
ラドンは私の故郷・福岡を初めて襲った怪獣でした。
それだけに思い入れがあったんですねえ

ラドン・ドゴラ・平成キングギドラ・スペースゴジラ。
このあたりが福岡県を襲った東宝怪獣ですかね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

怪獣好き
2014年01月04日 20:44
一人の男の身勝手さから怪獣にさせられたモグラがあまりにも可哀想で仕方ありません。この男がいなければ普通のモグラとして一生を終えたであろうに、怪獣化させられたあげく攻撃され、最後はマグマに突入して死亡ではあまりに可哀想過ぎです。

この記事へのトラックバック