「ウルトラマン」第21話「噴煙突破せよ」

毒ガス怪獣 ケムラー 登場

新兵器マットバズーカが登場します。

大武山で怪事件が発生。鳥が次々と死んでいる。
死火山である大武山で火山ガスが発生するわけもない。
発見者の中学生が逆に疑われた。

次に女子大生が登山中にガスが発生。
そして、ケムラーが姿を現した。
科特隊に報告が入った。
アラシは「これは女子供の仕事だ」と発言。
というわけで「女子供」で出動。
フジ隊員とホシノ君は大武山に到着した。

レストハウスの支配人は商売あがったりと苦情。
地震研究所に向かうフジ隊員とホシノ君。
その波動は生命力に似たものを感じるという。
帰還命令と同時に大武山から閃光と共にガスが発生。
キャップたちも直ちに出動。
一方、ガスを吸った2人は気を失っていた。
霧の正体は猛烈な毒ガスだった。
着陸した4人は敢えて崖を昇る。
登山コースがあったと思うんですけど。

ケムラーの出現と共にBGMは「Q」のメインテーマ。
一旦退却するキャップたち。
ケムラーは小型ビートルに近づいてきた。
意識を取り戻したホシノ君は小型ビートルを発進させる。
ホシノ君が乗り込んでたことはおとがめナシですね。

ケムラーは毒ガスを撒き散らしながら前進。
イデは毒ガスを中和する薬を研究中。
しかし、そんなことでは埒があかない。
ホシノ君はケムラーの背中を狙うことを進言。

防衛隊の攻撃が開始されたが毒ガスに苦戦。
毒ガス怪獣と戦うのに防毒マスクなしなんてアホか!?_
防衛隊の上司は懲戒もんだぞ。
哀れな現場の防衛隊員がやられるたじゃないか!

ケムラーはそのまま市街地近くまで前進。
ナパームもスパイダーも効果なし。
ハヤタの乗るビートルまでケムラーの盾で撃墜された。
ハヤタはウルトラマンに変身。
しかし、スペシウム光線が効かない。
そこに新兵器マットバズーカを携えてイデ到着。
ウルトラマンはケムラーの上体を起こして背中を向ける。
背中の弱点にマットバズーカが炸裂!
瀕死のケムラーは大武山の火口に消え、大爆発。

フジ隊員はずーっと気絶しっぱなしでしたな。
でもそれを言うと気を悪くするらしい。
みんな婦女子に気を遣ってますなあ。
安否不明のハヤタのことまで打ち合わせて扉を開けると・・・。

一足早くハヤタが病室にいた。背広にまで着替えちゃって。
「ハヤタ無事だったか~!」

一同、ハヤタが生きていたことにビックリ。
フジ隊員のお見舞いなんですけど・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ファイリオル
2006年12月22日 00:30
私はケムラーの死に際が好きで、そこがとても見所だとも思っています。
それにしても毒ガス怪獣が現れたのが、“大武”山というのが怖すぎる偶然ですねぇ
2006年12月22日 16:38
小学生の頃(第三次怪獣ブーム)、ウルトラマンのガチャガチャが流行って、紙相撲ならぬ怪獣ケシゴム相撲の時に、四足のケムラーは無敵でした・笑
すぐに禁じ手になりましたけど・笑
かめ吉
2006年12月22日 16:45
>ファイリオルさま
小さい頃、ケムラーが火山ガスを発生させてると信じていました。
最後の力を振り絞って火口に消えていくケムラーは悲哀すら感じます。爆発させなくても良かったんじゃないかと思いました。
かめ吉
2006年12月22日 16:47
>安部義豊さま
怪獣消しゴム、懐かしいですね~。
確か実家に大量にあったような気がします。
今度探してみよう。

この記事へのトラックバック