井川はヤンキースが落札

ポスティングの結果、井川の落札球団はヤンキースでした。
落札額は2600万ドル(約30億円)約30億円。
と言うわけで30日間の交渉権獲得。

阪神は28日に最高入札額の受諾を表明していた。
日本のコミッショナー事務局を通じて大リーグ側にも通知済み。
注目の落札球団が発表された。

ニューヨーク・ヤンキース

ヤンキースには30日間の独占交渉権が与えられ、契約交渉を行う。
元々井川はどこでも行くつもりなので移籍成立は時間の問題。
ヤンキースから入札額が入金されれば、成立でしょう。
 
ヤンキースと契約すれば、日本人選手では3人目。
伊良部秀輝投手と松井秀喜外野手に次ぐことになります。

同じニューヨークに本拠地を置くメッツも応札したらしい。
入札金額は1500万ドル(約17億円)だったとAP通信が報じた。
井川を廻ったサブウェイシリーズは、ヤンキースが圧勝した。

今オフのポスティングでの落札は、3人目になりました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント