「ウルトラマンマックス」第36話「イジゲンセカイ」

幻影宇宙人シャマー星人 装甲怪獣レッドキング 電脳珍獣ピグモン 登場

21世紀、次々に現れる怪獣たちの攻撃に危機を感じたUDF。
前線基地ベースタイタンに新しい防衛システムの検討していた。
そして「ディメンションフォース」の実験がベースタイタンで行われることになった。

かつて彼らを苦しめた「サブジェクトファントム」は異次元に消えた。
それと同じ現象をベースタイタンに起こす。
つまり、ベースタイタンを異次元に移動させようってことだ。
それが「ディメンションフォース」である。

「バカには理解できんだろうなあ。」
高飛車に登場し名刺を渡す「天才物理学者 四谷博士」。
コバとミズキはシャマー星人を連想。わ、わかり易すぎる。
画像

彼は「金満楼のフルコース¥75000」をはじめ高級料理を要求。
「足りないのは客に対するおもてなしの心ってことですよ。」
渡来敏之氏演ずる四谷博士。怪しすぎるが突き抜けてないねえ。

肉まんを食う四谷博士。
いよいよ実験の仕上げが始まりベースタイタンは動力低下。
そして、ピグモンが突如現れカイトに告げた。
「レッドキングが来る。」
画像

エリアJS201にレッドキングが現れた。彼も戸惑い気味。頭悪そう。
画像

DASHの攻撃中にレッドキングは消え去った。
「今日は墜落しなかったぜ。」と自虐気味のコバ。
生体エネルギーが実体化したものらしい。
四谷博士の実験室はもぬけの殻。
悠々と現れる四谷博士。
「相変わらず××な隊長だね~」
生体エネルギー異次元へ移動させる武器は完成した。
四谷はマックスに復讐することが目的でベースタイタンに潜入していたのだ。
四谷に抵抗したピグモンの生体エネルギーはエリーの中に移動させられた。
                   ↓こ、こわいぞこれ。
画像

電気を消され正体を現すシャマー星人。
エリーはピグモンと化してカイトとベタベタ中。
画像

そして再びレッドキングが出現。
さらにべたつくカイトとエリー(ピグモン)。
「もーいいから連れてけっ!」
画像

おっと、この方は?
画像

マックスに変身するカイト。レッドキングと激しい攻防。
おっと、ドロップキック!
画像

ミズキとエリー(ピグモン)はシャマー星人を発見。
しかし、実体は見つけられない。「ご苦労しゃまー星人。」
マックスの危機を身を挺して防いだエリー(ピグモン)。
彼女(?)の生体エネルギーは異次元に消えた。
画像

へっぽこ発明家・ショーンの新作で暗闇発生。
小さくなったシャマー星人は逃げ出した。

マックスはギャラクシーカノンでレッドキングをドームに封印。(↓あ、画像2発目だ)
画像

もう一発ぶち込んで爆発させた。「ウィングマンのデルタエンド」のようだ。
画像

そして、彼は・・・猫に喰われたのか?

「不可思議なデータ」はエリーにとってもいい経験だったのかもね。
「さようなら。ピグモン。」
画像

マックスボックスは「コメディ編」のおさらい。
画像

そして、「ウルトラマンメビウス」の番宣。
画像



この記事へのコメント

タイガー(o`・ω・)ゞ 敬礼♪
2006年03月05日 04:51
たしかに、こうやって見直しますとエリーちゃんにプグモンEYESは怖いですね(笑)

デルタエンドの例えが笑ってしまいました U=^▽^)キャッキャッキャッ
かめ吉
2006年03月05日 06:53
>タイガー(o`・ω・)ゞ 敬礼♪さま

ピグモンに性別があったんですかね?
男言葉のエリーも観たかったかも。
カイトは「友好珍獣」って言ってましたねえ。

ウィングマンも今なら実写でできますなあ。
ウルトラファン
2010年01月27日 20:59
この回で、カイト達の前に現れ、「マジ、ヤベエ」と言っていた男性は金子修介監督の作品に多数出演していた、徳山秀典さんという方です。
かめ吉
2010年01月28日 06:10
情報ありがとうございます。
ウルトラファン
2010年01月29日 22:03
徳山さんは避難する男やくでノンクレジットです。ちなみに、徳山さんは「炎神戦隊ゴーオンジャー」のゴーオンゴールドです。
ウルトラファン
2010年01月29日 22:07
渡来敏之さんて面白い役ですね。
かめ吉
2010年01月30日 09:48
徳山さんはカブトの矢車(ザビー/キックホッパー)の方が印象深いかな。地獄兄弟結構好きでした。
ウルトラファン
2010年01月30日 14:02
徳山さんの避難する男役はチョイ役ですけど、面白いですよ。あと、昨日に渡来さんのブログを見ました。
かめ吉
2010年01月30日 14:36
記事でも書きましたが、渡来氏、もうちょっと突き抜けても良かったかな。

この記事へのトラックバック

  • ウルトラマンマックス 第36話「イジゲンセカイ」

    Excerpt: 21世紀。次々に現れる怪獣達の攻撃に危機を感じたUDFは、前線基地であるベースタイタンに新しい防衛システムを取り入れる事を検討していた。 サブジェクション・ファントム・・・ ・・・?・・・.. Weblog: ☆ゼクスの空想科学日記★ racked: 2006-03-04 23:58
  • 今日のマックス(2006.3.4)

    Excerpt: 第36話 イジゲンセカイ 第18話「アカルイセカイ」+第5・6話の怪獣島シリーズの続編(?)であります。。。。 ベースタイタンに新しい防御システム「デメンションフォース」の導入が検討され、それを開発す.. Weblog: はんちゃんのページ racked: 2006-03-05 01:33
  • 【イジゲンセカイ】ウルトラマンマックス36話

    Excerpt: 今日のウルトラマンマックス36話「イジゲンセカイ」 (ノ*゚▽゚)ノ ウォォォォォン エリーちゃんとピグモンが! ∑(ノ▼ο▼)ノ オォオォオオオ!! 融合しちゃいましたよ! オォォーーー.. Weblog: レジェンド オブ ウルトラマン (*^-^)ゞ Nプロジェクト (o`・ω・)ゞ racked: 2006-03-05 04:49
  • ウルトラマンマックス36、レッドキングで遊ぶな~!

    Excerpt: 幻影宇宙人シャマー星人、装甲怪獣レッドキング、電脳珍獣ピグモン 登場  我々中年世代が愛する怪獣王レッドキングで、よくも遊んでくれるものです。  レッドキングが、あんなに飛ぶか?  武部.. Weblog: 子育てパパのブログ日記Next racked: 2006-03-05 07:46
  • ウルトラマンマックス イジゲンセカイ

    Excerpt:  名刺に”天才”と印刷する天才物理学者@四谷博士(渡来敏之さん)の話し方の勢いが「HOT!HOT!」の勢いに似ていたので最初藤井隆さんかと思いましたよ。 □衝撃の事実 ・ヒジカタ隊長(宍戸開さん)はや.. Weblog: be in its flower別館 racked: 2006-03-05 08:05
  • ウルトラマンマックス 第36話 イジゲンセカイ

    Excerpt: 今回は、以前に放送された「アカルイセカイ」の続編ですね! =====あらすじ===== ベースタイタンを、サブジェクト・ファントムと同じ要領でバリアをする ディメイション.. Weblog: 吼えろ!医療特撮系ブログ! racked: 2006-03-05 08:39
  • ウルトラマンマックス: 第36話

    Excerpt: ウルトラマンマックス 第36話「イジゲンセカイ」。エリーはエリーでこそエリーなのだと思い知った一本。以下ネタバレあり。 Weblog: Kyan's BLOG II racked: 2006-03-05 11:34
  • TBS「ウルトラマンマックス」第35話:イジゲンセカイ

    Excerpt: 待ってました! のシャマー星人。マックスへの復讐を胸に、戻って来ました。第18話「アカルイセカイ」の続編です。饒舌な“ピグモン”エリーには「???」ですが(笑)。 Weblog: 伊達でございます! racked: 2006-03-05 20:55
  • TBS「ウルトラマンマックス」第35話:イジゲンセカイ

    Excerpt: 待ってました! のシャマー星人。マックスへの復讐を胸に、戻って来ました。第18話「アカルイセカイ」の続編です。饒舌な“ピグモン”エリーには「???」ですが(笑)。 Weblog: 伊達でございます! racked: 2006-03-05 20:56
  • 第36話 イジゲンセカイ

    Excerpt: (TBC/06年3月4日放送) 数々の怪獣や宇宙人の襲来を(今更になって)危惧して、ベースタイタンの防衛システムを導入するようです。ベースタイタンを異次元に飛ばして怪獣の攻撃から逃れる、デメリット.. Weblog: WAVEのブルーコスモス(アニメ支部) racked: 2006-03-06 13:23
  • ウルトラマンマックス第36話「イジゲンセカイ」

    Excerpt: 脚本・福田卓郎/監督・金子修介/特技監督・鈴木健二【あらすじ】以前、太平洋上に突如姿を現した“サブジェクトファントム”。怪獣島と呼ばれたこの島は異次元から出現し、異次元に戻ったと推測されている。UDF.. Weblog: ポーズ&ギミック racked: 2006-03-07 12:24
  • イジゲンセカイ

    Excerpt: この話では、シャマー星人とレットキング、そしてピグモンという異色の組み合わせが登 Weblog: 東の町にある文芸館 racked: 2006-03-30 17:42