第2クールは「クールダウン」で50点

第2クール最終日の9日。フリー打撃で和田と対戦した松中が豪快な一発。

キャンプ初日から全開の4番はWBCでも日本の4番の最有力候補。

(チームで)一番調子がいい、と聞いていた投手の真っすぐを
とらえられたのは自信になった。順調に来ているとは思うが、
世界はそんなに甘くない。どんどん練習していきたい。

B組の若鷹たちもハイペース。江川・松田・本多らも元気。
しかし、一番元気なのは松中なのかもしれませんね。

王監督も第1クールのハイペースから少し落ちついた調整が出来たと総括した。

このクールは残念ながら前のの2日間が寒くて、
あんまり練習らしい練習は今回できなかったんですけれども、
かえって第1クールの疲れがとれて、今日は温かかったので
選手たちも思い切って投げる方も打つ方もできたようですから、
明日休みますけど第3クールからは本来の姿になるんじゃないでしょうか。
WBCのこともありますし1月の自主トレからハイペースで来てましたから、
これでちょうどならして本来のペースというところでしょうね。

第2クール注目の選手、投手では杉内とつよクン。

杉内と和田はふたりともいい感じで投げてましたね。
彼らはWBCに備えて早めに調整してるんでね、
今はバッターの方が押されてるって感じでね。
投げ方も良いようだし、シーズンはもちろんですが、
WBCに向かって順調に調整できてるなあと受け取っています。

打者では松中と宗クン。

松中・川崎が元気があるから他の選手も引っ張られている感じですね。

重点強化項目の捕手については、

捕手は城島の抜けた穴をメンバーの中で起用していかなければならない。
守備力はわかっているが攻撃力を強化しなければならない。
城島と同じようにはいかないまでも現在の力よりもシーズンに入って、
いい結果を出せるようにとは思っています。

そして、気になる第2クールの採点は?

このクールは50点ですな。ならして75点でまあまあじゃないですか。
次のクールからは選手たちも野球の出来る身体になってきたので、
これからの調整が楽しみです。


第3クールからはいよいよ実戦形式の調整になる。
前半は投手先行のキャンプだが、生きた球を打つことで打者の力も向上していくでしょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • WBC関連@上原、松坂、和田

    Excerpt: WBC代表投手のうちワタシが期待している3人の記事が、まとめて出ていたので各新聞のHPからいくつか引っ張って来ました。いつもならこの時期には、フリー登板まで行かないそうなのですが・・3投手関連の記事を.. Weblog: Cocktail-light racked: 2006-02-10 12:31
  • キャンプ情報 投手陣、そしてマットン

    Excerpt: キャンプ第2クール目は本日で終了。なんだか順調過ぎるみたいですが、皆さんWBC組 Weblog: 還是,鷹喜好 -やっぱり、鷹が好き- racked: 2006-02-10 13:40
  • 2/9 2クール目終了☆

    Excerpt: 朝の声出しは水田&芝草投手でした(^ワ^) Weblog: ぶん♪の玉手箱☆ racked: 2006-02-10 17:19