「帰ってきたウルトラマン」第30話「呪いの骨神オクスター」

水牛怪獣オクスター登場。

水牛たちの墓場から現れたオクスター。
仲間の水牛の骨を持ち帰ろうとした人間に襲いかかる。

タブーに手を触れようとした人間を超常的な存在が罰する。
ウルトラシリーズの中でよく取り扱われる題材である。
ついこの間も「マックス」のナツノメリュウの回で描かれていた。
科学万能のアンチテーゼとしての存在である「呪い」や「祟り」。
それがしっくりくるのも日本人だからかねえ。

オクスターの造形は斬新だった。
水中の格闘シーンも奥行きがあってよかった。
ただ、特撮セットの縮尺によって巨大感を損ねるシーンもあった。
特にオクスターの骨が流されるシーン。

ウルトラマンの説得(?)とスペシウム光線によって、仲間の所に帰るオクスター。

この世の中にはそっとしておいた方がいいものもある。

触らぬ神に祟りなし。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ウルトラファン
2010年04月11日 14:27
学者・前田役の、大泉滉さん、いい味出してましたね。
かめ吉
2010年04月11日 20:03
大泉氏は個人的に大好きでしたね。「赤影」のペドロとか。

この記事へのトラックバック