「帰ってきたウルトラマン」第23話「暗黒怪獣星を吐け!」

カニ座怪獣ザニカ・暗黒怪獣バキューモン登場。

ブラックホールのように次々と星を呑み込む暗黒怪獣バキューモン。
そのバキューモンに呑み込まれたカニ座から逃げてきたザニカ。(←この名前がふざけてる)
事情のわからないMATはザニカを攻撃。
何か様子が変だなあと思いつつもウルトラマンも攻撃。ザニカのハサミをぶった切る。
そこで何らかの意思の疎通があったようでウルトラマンは宇宙へ。

暗黒怪獣バキューモンはどんな姿なのか?
この疑問は71年当時からずーっと持っている。(←解決してない)
大きすぎてわからないらしく、変なイラスト(でかい雲に目がある)で紹介されたり、劇中の画像(黒い煙や体内の様子)が出たりしていた。
とりあえずバキューモンの体内に飛び込むウルトラマン。
辺り構わずサーベル状にしたブレスレッドで刺しまくる。(←斬ったりもしてたが斬れんだろう)
最後に体を突き破って飛び出すと怪獣が呑み込んだ星が吐き出されていく。
バキューモンは消滅し、星座がもとに戻る。
ザニカはウルトラマンに一礼して宇宙へ帰っていく。

天本英世氏演じる科学者のぶち切れ具合も楽しいが、科学的にはナンセンスな話。
何万光年も離れた星が早々簡単に消えたり戻ったりする様子が観測できるわけない。
実際にそう見えたのなら地球の近くにバキューモンがいて、雲みたいに隠してたとしか考えられない。
それならば確かに「地球の危機」(怪獣が近くにいるから)である。
そうするとザニカは追われてきたんじゃなく観光かなんかで来たことになるが。
別に本人(?)が逃げてきたと言ったわけじゃないですからねえ。

事情もわからずに宇宙から来た訪問者をむやみに攻撃しちゃいけないよというお話。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

ウルトラファン
2010年04月17日 17:03
確かに、ザニカの名前が、ふざけてましたね。天本英世さんが、演じた天文研究所所長と、増岡弘さんが、演じた、百姓は、名演技でした。
かめ吉
2010年04月17日 18:03
5年前ってレビューになってませんな。
というわけで細かい点はご勘弁を。
ぽち
2011年06月17日 13:51
この度こちらに迷い込んでまいりました

この「暗黒怪獣星を吐け」は「空想科学読本」で扱ってました
……正直無茶苦茶な考証でしたが

「空想科学読本」よりは山本弘の「こんなにヘンだぞ!空想科学読本」の方を
オススメします
かめ吉
2011年06月17日 15:39
確かに無茶苦茶な考証でしたが、笑わせてもらいました。それで十分。
それに食ってかかった二次制作の「こんなにヘンだぞ!空想科学読本」の方がスタンスとしても十分「ヘン」です。一応読みましたけどね。

この記事へのトラックバック