「帰ってきたウルトラマン」第15話「怪獣少年の復讐」

31日の「帰ってきたウルトラマン」は電気怪獣エレドータス登場。

電気+亀(トータス)=エレドータス
結構、安易なネーミング。
2本(ツイン)の尻尾(テール)でツインテールや
タコみたいな怪獣のタッコングもそうだけど。
そりゃ、ザザーンみたいに擬音語よりましでしょうが。

このエレドータス。電気を食って姿を現すあたりは、ネロンガを彷彿とさせるが、
バラゴンを改造したパゴスの首をすげ替えたネロンガの造形とは重量感も質感も違う。
やはり、造形技術の低下を感じさせる。


全体の流れとしては怒濤の第2クールの「箸休め」的存在。
13話・14話のシーゴラス・シーモンス。
16話・17話のテロチルス。
18話のベムスター、ウルトラセブンの登場。
この展開の中でエレドータスはデザイン的にも地味。
ストーリーは「狼少年」がベースで、結構出来もいいが、
なにせ怪獣がでかい亀。

ウルトラマンのスペシウム光線を浴びて爆発するシーンでも、
甲羅が吹っ飛び、コテンと横倒しになるのがいかにも「爆破人形」然としている。
中味空っぽだし。

ちょっとホッとするストーリーを楽しんで、怒濤の8月を迎えましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック