あしたはきっとやってくるさ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 炎獅子止めた!

<<   作成日時 : 2017/08/06 16:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

西  武 ●7−8○ ソフトバンク

 TEAM12345678910 R
ソフトバンク
 西  武


ホークスの先発は千賀。西武は多和田。

0−0で迎えた4回、無死満塁から中村の2点タイムリーでホークスが2点先制。
さらに上林のタイムリー今宮のセカンドゴロ(浅村のエラー)で4−0。

5回には上林の押し出し四球で5−0。

5−1で迎えた7回、代打・川島が・・・

2ランホームラン

千賀は6回途中、足が痙りかけたが、7回まで投げきって1失点。
8回は8/1以来の岩嵜が調整登板。浅村に2ラン被弾して7−3。

4点差の9回は嘉弥真。しかし2球で無死2・3塁。
源田も歩かせて無死満塁となり、サファテがマウンドへ。
浅村に2点タイムリーを打たれ7−5。無死1・2塁。
中村のボテボテのゴロを内野安打にしてまた満塁。
栗山を三振に斬って1死。しかし、山川に2点タイムリーを打たれ7−7。
まさかの同点劇に13連勝中の西武の勢いを感じた。
サファテは好プレイに助けられ、なんとか後続を断つ。

延長10回表、2死3塁からマッチのタイムリーで勝ち越し、8−7。
その裏をモイネロが内野安打1本に抑えて試合終了。

負けたらペナントを左右する大変なゲームでした。
西武の怒濤の勢いに飲まれながらも踏ん張って勝利。

ネット上では結果論で継投を批判する「いつもの連中」も出ましたが、呆れるばかり。
足が痙った千賀は7回1イニングを踏ん張って投げてくれた。
8回、登板間隔の空いた岩嵜を6点差の楽な場面で出す。
9回4点差、3人中2人左打者での嘉弥真の投入。
ランナーが出てセーブシチュエーションでのサファテ。
結果として6失点しましたが、選択は間違ってはいない。

これは試合をずっと現地で観ててもわからないことでもある。
千賀がベンチに入ってから足を引きずっていたこと。
→7回で降板
甲斐が右手に投球を当てて、かなり痛がっていたこと。
→高谷と交代
あの強烈な西武ファンの雰囲気と圧力。

私自身、批判したいためだけの批判にならないように気をつけよう。

とにかく、炎の獅子を止めたことに拍手を送りたい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
炎獅子止めた! あしたはきっとやってくるさ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる