あしたはきっとやってくるさ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ウルトラマンA」第48話「ベロクロンの復讐」

<<   作成日時 : 2007/04/09 06:01   >>

驚いた ブログ気持玉 13 / トラックバック 4 / コメント 14

ミサイル超獣 ベロクロン二世 登場
画像
画像

宇宙パトロール中の北斗が見た悪夢。
画像

「復讐しろベロクロン!エースを地獄に引きずり込め!」

聞き覚えのあるこのセリフ。
「ウルトラマンメビウス」第43話「脅威のメビウスキラー」
「復讐しろエースキラー!メビウスを地獄に引きずり込め」
ヤプールの化身がそう言ってましたな。
この48話からきたセリフです。

ベロクロンのミサイル攻撃を顔面に喰らうエース。
このとき、エースは左の頬をおさえています。
画像

夢から覚めた北斗は同乗する山中に夢を話す。
北斗にとって生涯忘れられない超獣ベロクロン。

「ベロクロンが復讐に来たんです。」

左頬をおさえる北斗。どうやら虫歯のようだ。
薬で痛みを抑えるが隊長の配慮で治療することに。
「Q歯科医院」を見つけ治療をする北斗。
真っ白い治療室にぽつんと置かれた治療椅子。
現れた女医は北斗の奥歯にカプセルをはめ込む。
画像

北斗が礼を言って帰ったあと、一瞬の能面姿。
画像

「いいえ、どういたしまして。」赤く染まる顔。
画像

女医を演じたのは高毬子さんです。お美しい方ですね。
「マイティジャック」では敵組織「Q」の女幹部役。
今回の「Q歯科医院」のネーミングにニヤリとした方もいるのでは?

カプセルを埋め込まれた北斗はベロクロンの幻影を見る。
画像

北斗はタックガンを乱射。
しかし、誰にも超獣は見えていない。
まわりが悲鳴を上げているのは北斗が銃を乱射しているからだ。
周りを機動隊に取り囲まれ絶叫する北斗。

「あのミサイル超獣が見えないのか!!!!!」

見えてません、残念ながら。
やはり北斗にしか見えていない幻影なのだ。
精神鑑定の結果は全くの正常。
「Q歯科医院」の調査を命じる竜隊長。
B地区には「Q」という歯科医院は存在しなかった。

B地区にベロクロンが出現した。
今度は幻覚ではない。しかし、北斗は幻覚だと思い込んでいる。
TACでは以前の戦いから対策を立てて出撃。

悠然とベロクロンに向かって歩いていく北斗。
「さあ撃て。オレはここにいるぞ。」
ベロクロンのミサイルで吹き飛ぶ北斗。
その衝撃で奥歯に仕込まれた幻覚カプセルが外れた。
迫り来るベロクロン。火炎攻撃に包まれる北斗。
画像

そのままウルトラマンエースに変身。
格闘を続ける両者。ここでなぜか相撲の仕切り・・・orz
画像

続いてバレーボールのようなラリー。

この辺の演出は首を傾げるばかり。
こんなことしてもなんにもならん。
むしろ作品を貶めることにしかなっていない。
このエピソードは名作になる要素をもっていた。
しかし、こんな手法では折角の脚本も台無しである。
まことに残念としか言いようがない。

ベロクロンの口からベロクロ液が吐き出されエースピンチ。
エースはベロクロンの二本の角をもぎ取る。
画像

それを胃袋めがけて突き刺す。
画像

ベロクロンは爆発を起こして倒れた。
画像

エースはベロクロンを宇宙へ運んでいった。
画像

北斗は「Q歯科医院」を再び訪ねた。
そこには確かに歯科医院があり、あの女医が待っていた。
「また痛みますんで?」
画像

「肝心なところで外れちまったんですよ。おかげで命拾いしましたがね。」
「それで?」
画像

「今日はあなたの正体をはっきりと見届けたいと思ってね。」
「あたしの正体?」
画像

「ベロクロンそっくりの超獣を操ってオレの命を狙うからには
 ヤプールの生き残りに違いない。」
タックガンを放つ北斗。
能面が真っ二つに割れ鬼のような女の顔。
「これで勝負が付いたと思ったら大間違いだよ、北斗星司。」
画像

「いい加減に復讐などやめたらどうだ。勝ち負けはとっくに付いてる。」
「そうだ!お前は勝った!
 勝った者は生き残り、負けたものは地獄へ堕ちる。
 しかし、これだけは覚えておくがいい。
 勝った者は常に負けた者達の恨みと怨念を背負って生き続けているのだ。
 それが戦って生き残っていく者の定めだ!」

バク転しながら近づいてくる女。
北斗の放ったタックガンで女は絶命した。
本部に連絡する北斗。女はカッと目を見開いたまま横たわっている。
連絡中に目の前でシャボンに包まれ消えていく女。
北斗はQ歯科医院の存在と消滅を告げるのだった。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
花の乱・最終回『風花』(前半)
義政「先にこの世を去った者たちは、おのれの命の中で生かし続ける−−これが生きながらえていく者のつとめではないのか。されば余も、そなたの命の中に宿らせてくれ」 状況は全然違うのですが、似ていませんか? このセリフ。 ...続きを見る
受信料・花の乱 byひろさわ
2007/06/01 20:08
【ウルトラマンエース】48.ベロクロンの復讐
-ミサイル超獣ベロクロン2世 異次元人女ヤプール- 北斗と山中はタックスペースで ...続きを見る
空想非科学少女
2011/06/07 23:22
レイバン サングラス
「ウルトラマンA」第48話「ベロクロンの復讐」 あしたはきっとやってくるさ!/ウェブリブログ ...続きを見る
レイバン サングラス
2013/07/06 01:31
プラダ 財布
「ウルトラマンA」第48話「ベロクロンの復讐」 あしたはきっとやってくるさ!/ウェブリブログ ...続きを見る
プラダ 財布
2013/07/10 06:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
女ヤプールが死ぬときなんでバック転したんだろって今でも思い続けてます。
しかしタロウに出てくるベロクロンはひどいよ。
マン
2007/04/09 09:01
この話からエースの名シーン・名セリフが結構生まれているんですよね。メビウスの映画にも回想シーンで使われている箇所があるようです。
OUTBACK
2007/04/09 14:42
>マン さま
17話の鬼女もバク転してましたから(違)
タロウのベロクロンは今回のスーツですかね?
かめ吉
2007/04/11 15:45
>OUTBACKさま
後半のエースにあって、この回は異色。
逆に言えば見応えがあったと思います。
かめ吉
2007/04/11 15:50
北斗隊員が歯科医院に入ったところ、歯科医の女性が不審に思ってから、ウルトラマンエースがベログロン二世を倒して地球の外で倒したかなと思いました。歯科医の女性が北斗隊員に恨みがあって復讐することを考えていましたね。北斗隊員が、タックガンを持たずに外へ出たつもりが、身を守るためですね。
安倍なつみファンのつるやん
2007/04/12 22:18
>つるやん さま
エースに対するヤプールの恨みは凄まじいですね。
ベロクロンとの格闘シーンの演出はちょっと×でした。個人的には。
かめ吉
2007/04/14 06:54
またまた、すみません。
歯科医の女性が不審に思ったのは、10話でニセの郷秀樹がアンチラ星人に変身したのを思いつきました。安倍なつみさんが北斗隊員と同じようにベログロン二世や不審な歯科医の女性に狙われる夢を見てしまい、ウルトラマンエースに変身して苦しみながらベログロン二世や不審な歯科医を倒していましたね。
安倍なつみファンのつるやん
2007/04/15 14:05
あくまでひとつの考えに過ぎませんが
最終回にジャンボキングではなく
ベロクロン二世&ヤプールVSエース
というのも視てみたかったですね。
普段なら超獣や宇宙人を倒して終わり
なのに、Q歯科医院に北斗隊員が単身
乗り込んでいくシーンは、最終回への
伏線だったのかもしれませんね。
天神南28号
2007/04/17 22:57
>つるやん さま
確かにアンチラ星人のメイクに似ていましたね。
かめ吉
2007/04/18 13:26
>天神南28号さま
奇しくも「メビウス」でベロクロンと巨大ヤプールと決着することになりましたね。
エースの最終回がベロクロンだったらメビウスのエピはなかったでしょうね。
かめ吉
2007/04/18 13:30
ついに出たヤプール。ベロクロンを使い復讐します。エース対ヤプールも最終局面ってことでしょうか?ヤプールが死ぬときのセリフは今でも怖いです。
ウルトラだいすき
2009/08/04 16:38
最近仕事が立て込んでいたので約二週間ぶりに拝見させて頂きました。
ベロクロンに対する北斗の個人的な感情、最後のヤプールの意味深な台詞、後に語り継がれる名作となれる要素がふんだんにありながら、ウルトラシリーズの見せ場であるはずの戦闘シーンで全てが台無しに・・
非常に残念な作品という印象を持っています。
かめ吉様も他の記事で記載されていますが個人的にもエースの印象として前半(南夕子が帰るまで)名作、後半駄作のイメージを持っていた為、男女の合体変身といい色んな意味で相反する要素を持ち合わせるエースらしいエピソードなのかなとも思っていますが・・
モロボシアタル
2010/05/02 23:02
>モロボシアタル さま
ヤプールの怨念の深さを感じさせるエピソードでした。
市川森一氏の脚本が戦闘シーンの演出で貶められたとは思いませんが・・・。

やはり残念の一言ですね・・・。
かめ吉
2010/05/11 12:02
個人的には好きですけどね。
田淵監督の演出は。
その個性を最大限に発揮できそうだったタロウで演出してないのは
残念です。
次郎
2013/09/25 18:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ウルトラマンA」第48話「ベロクロンの復讐」 あしたはきっとやってくるさ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる