あしたはきっとやってくるさ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ウルトラマン」第16話「科特隊宇宙へ」

<<   作成日時 : 2006/11/19 00:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 6

宇宙忍者 バルタン星人 登場

金星探検船「おおとり」。乗り込むのは発明者・毛利博士。
科特隊は万一の事故に備えて待機中。
第2弾発火装置に疑問がある「おおとり」。
そのための救助体勢だった。
星野クンは岩本博士のフェニックス号が負けたのが悔しい様子。
先を越された形の岩本博士だったが至って平静。
計画を延期したのは実験不足。
ハイドロジェネートロケットのテスト回数不足。
それが理由だった。あくまで100%を目指しているのだ。

金星へ向かって順調に飛行を続ける「おおとり」。
食事の様子を見ていた科特隊員。
画像が乱れ、何かの暗号のような通信が入った。
「124875回路だ。フジ君、直ちにボクの作った、
 汎スペースインタープリターにつないでくれたまえ。」
全宇宙語の翻訳装置である。
メビウス第7話にも登場している。
「鬼が出るか蛇が出るか!?」
姿を現したのはバルタン星人だった!
「バルタン星人・・・。」
「バルタン星人はウルトラマンに宇宙船ごとやっつけられたはずだ。」
「確かに全滅したんだ。」
確かにって、それってウルトラマンしか知らない事実ですぜ。
バルタン星人が語ることによると、

光波バリアを張るヒマもなくスペシウム光線を浴び、
ほとんどやられてしまった。
ようやくバルタンの住める星・R惑星にたどり着いた。
だが、彼らは地球を諦めたわけではなかった。
「我々は全人類に挑戦する!」
そう言い残して姿を消した。つまり挑戦状ですな。

そして、「おおとり」が消息を絶った。
バルタン星人の仕業である。
バルタンは毛利博士に乗り移った。
科特隊は救助のためビートルにハイドロジェネートロケットを装備。
そして新兵器・マルス133。
「おおとり」を救助に来る科特隊の留守を狙って地球を攻撃。

「ウルトラマンがひとりだということさ。」

同時に2カ所で戦闘を開始するという作戦だ。
しかも、スペルゲン反射鏡という新兵器を持っているという。

バルタンの大群が地球に現れた。
迎え撃つはイデ隊員のビートル2号。
あまりの数の多さにビビルイデ君。
「破れかぶれで一丁やったるか!」
一発目でマルス133が当たって調子づくイデ。
しかし、光波バリアを張られて攻撃不能。

一方、ビートルは毛利博士(バルタン)の仕業で不時着。
地球だと思ったそこはR惑星だった。
アラシが飛び出すと重力バランスを操って動けなくした。
巨大化するバルタン星人。
今度はビートルを攻撃し始めた。
ビートルの中でウルトラマンに変身するハヤタ。
あれ?ムラマツキャップはどこに行ったの?

いきなりスペシウム光線!スペルゲン反射鏡で反撃!
飛んでくるバルタンを八つ裂き光輪で真っ二つ。

一方地球では小型バルタンの攻撃が始められた。
小型バルタンは合体して巨大なバルタン星人に。
ウルトラマンはテレポーテーションを敢行。
ウルトラマンの生命を著しく縮める危険な技だ。
メビウスは第28話のノーバ戦で使ってました。

地球に現れたウルトラマンは八つ裂き光輪を撃つ。
今度は光波バリアで弾き飛ばす。
また同じように飛んでくるところを八つ裂き光輪。
真っ二つになったバルタンをスペシウム光線で仕留めた。

R星のハヤタは魂が抜けたようになっていた。
ウルトラマンになっていてもハヤタの姿は残るのか?
それとも疑いを晴らすためにウルトラマンが作ったダミーなのか。
まあ、なにはともあれビートルは故障中。
どうすることもできない。
と、そこに一機の宇宙船が飛来。
助けに来たのは岩本博士のフェニックス号だった。

あれ?毛利博士はどうなったの?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ウルトラマン 第16話 科特隊宇宙へ バルタン星人二代目登場!
ウルトラマン 第16話 科特隊宇宙へ ? 宇宙忍者バルタン星人(二代目) ALIEN BALTAN(U) ...続きを見る
レジェンド オブ ウルトラマン(*^-^...
2006/11/19 08:16
16 科特隊宇宙へ
地球人が未来へ向かうときに、常に向き合うべき存在・バルタン星人 ...続きを見る
光の国から愛をこめて
2008/06/04 23:22
地球はイデ隊員の星/連載第28回:放送第16話『科特隊宇宙へ』(前)
第16話は、『ウルトラマン』では初めて宇宙が舞台。バルタン星人が再登場します。第2話で敗れた残党が、金星探査ロケットを襲って科特隊(とウルトラマン)をおびき寄せ、その間に集団で再び地球に進攻。ウルトラマンは、バルタン星人が根拠地にするR惑星と地球でダブルヘッダーの闘いを強いられながら、テレポートの瞬間移動、八つ裂き光輪など新技を次々と披露します。ウルトラマンのさらなる超能力開陳に呼応するのがイデ隊員。複数の新発... ...続きを見る
INTRO
2012/03/17 20:27
地球はイデ隊員の星/連載第29回:放送第16話『科特隊宇宙へ』(中)
第16話は、「人類最初の金星探検」計画をめぐる「考え方の違い」という大人同士のドラマが用意されています。ここまでの『ウルトラマン』では、かなり珍しい。世の注目を集めるなか、宇宙開発研究所の毛利博士が、自ら発明した宇宙ロケット・おおとりに乗り込んで金星へと出発します。科学特捜隊にオブザーバーのかたちで協力している科学センター・岩本博士のフェニックス号は、おおとりの後塵を拝することになり、(久し振りに登場する)ホシノ少年... ...続きを見る
INTRO
2012/04/19 21:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
いろんな要素が詰め込まれた第16話。 これ全部が初めての出来事だったんですよね。 今考えると、この話こそが今のウルトラを支えているかお用ですね。

そして毛利博士は・・・・。

次回はブルトンですが、イマイチ欲〔覚えていない話です(涙)
タイガーです(o`・ω・)ゞ 敬礼♪
2006/11/19 08:19
>タイガーさま
バルタンは高度な科学を持ちながら「全人類に挑戦」だなんて卑下しすぎでは?
新兵器・新装備・新発明と後半に向けて様々な展開を示した回でした。

ブルトンはコメディタッチで最初に見た時、大爆笑しました。
この回でも良い味出してるイデ隊員です。

かめ吉
2006/11/19 09:51
ウルトラマンに復讐するため
バルタン星人が再び出てきた、この話
フェニッシュがスペシウム光線じゃなく
八つ裂き光臨でしたね。
レオ
2006/11/19 18:31
>レオさま
地球での戦いでは八つ裂き光輪で真っ二つにしたあと、それぞれにスペシウム光線を炸裂させています。
かめ吉
2006/11/19 18:38
この再登場のバルタンは前回のバルタンとは違い、成田氏によるデザインで、新たにつくられたんだそうです。前回はQのセミ人間をリサイクルしたものでした。本来、バルタンはこちらの再登場タイプが理想的だったそうです。今回はイデ隊員の対バルタンによる孤軍奮闘が面白かったです。 
怪獣好き
2015/08/01 19:08
追記です。今回のバルタン再登場にあたり、新たにビートルの初宇宙船出やら新兵器マルス133の初使用やらウルトラマンのスラッシュ(八つ裂き光輪)初使用やらテレポーテーション能力やらと何かと「初物」登場が多い、見所満載の回でした。ファンおすすめの一品だと思います。
怪獣好き
2015/08/01 19:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ウルトラマン」第16話「科特隊宇宙へ」 あしたはきっとやってくるさ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる